治療・検査
> 強制給餌(経鼻食道カテーテル)
強制給餌(経鼻食道カテーテル)

フードを受け付けない時には鼻から胃付近にカテーテルを留置し、流動食を流します

必要なカロリーや水分、薬を一緒に入れられるので自宅療養もできます

お腹がすけば自力で食べることもできますので、そのときにははずします
猫やウサギは3日間の絶食でも命に関わるといわれていますので、この療法はとても重要です

強制給餌中