肛門嚢破裂

2018年03月10日 (土)

T・プードル君です

 

尻から出血という主訴

 

 

 

 

肛門嚢が腫れあがって、破れています

 

 

そこから膿・・・激痛

 

 

膿を出して抗生剤投与

 

 

自宅でのシャンプ-だそうですので、シャンプーごとに肛門嚢を絞りましょうね

 

 

 

 

 

 

定期的に絞るのが予防の決め手です

 

 

 

 

 

しかし、これで治癒しなければ腫瘍も考えなければなりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

From                        Oq

 

 

 

 

 

去勢にて

2018年02月13日 (火)

無事に手術終了

 

DSC08424

 

歯を再確認

あ~ん

??

 

DSC08425

 

歯が?

 

DSC08427

 

右はあるけど、

 

DSC08426

 

左はない

 

生まれつき犬歯から前臼歯が欠落している

 

いろんなことがありますね~

 

皆さんのところも口を覗き込んで見てください

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

ボルゾイ

2018年02月06日 (火)

去勢です

30kg・・・でかい、っというより長い

 

DSC08429

 

2人がかりで、毛を刈ります

 

DSC08430

う~

 

DSC08431

 

なおも毛刈り

 

DSC08432

 

気管挿管して麻酔につなぎ、モニター装着

 

DSC08434

 

しつつ、術部の洗浄

 

DSC08433

う~(とは言ってないけど)

 

20分後に手術終了

 

DSC08435

 

長~い、顔デス

 

 

 

DSC08445

 

ほどなくして、麻酔から覚め、散歩に行くと友人が遊びに来ていました

 

 

 

 

 

 

From                        Oq

 

 

 

 

 

急に腫れたオッパイ

2018年02月05日 (月)

という15歳のビーグル♀

避妊していないのが気がかり・・・

 

どれどれ~

DSC08403

 

赤く腫れている

触っても痛みもはない、食欲OK

・・・、避妊手術していないし、急性の乳腺腫瘍で腫れた?

もしそうなら炎症性乳腺腫瘍・・・とてもよろしくない悪性の乳腺腫瘍かもしれない

その可能性がありますとお伝えし、超音波で中身を見て見ましょう、ということとなりました

 

中が充実したものなら腫瘍の可能性、高い

液体なら、中身が壊死しているかも

 

DSC08404

 

超音波検査では中身は液状

で、持ってみて、

 

DSC08405

 

穿刺してみますと、

 

DSC08406

 

中身は膿っ

急性化膿性乳腺炎・・・

これなら抗生剤で治癒可能

 

抗生剤感受性の培養検査を実施し、最適な抗生剤を投与

 

まだ完全に腫瘍ではないとは言えませんが、膿はこれで解決

 

 

刺してみないとわからないもんです

 

 

 

 

From                        Oq

 

 

 

 

 

 

 

交配したかも

2018年01月21日 (日)

妊娠したかもしれないという主訴デス

オッパイは張っており、膣が少し濡れている

明らかに妊娠中

初発情でしかも、父親との交配・・・

 

まずがレントゲン検査です

2623_14486_20180115143226.0 2623_14487_20180115143326.0

妊娠しています、1頭だけ

1頭だと栄養が一人占めできるので、大きくなって難産になりやすい

今回はまだ骨盤腔より仔の頭は小さいのでOK

頭の骨はまだ薄いので6日後にレントゲン検査をお勧めしました

 

3日後、突然苦しそうにしているということで緊急来院

膣は変わらず少々濡れている

微熱がある

しかし、仔はまだ骨の形成からして、生む時期ではない

レントゲン検査です

 

2623_14493_20180118105103.0

!!

2623_14494_20180118105149.0

胎児が肩から出かかって産道につまっています

超音波検査では仔の心拍数は微弱

 

緊急に帝王切開です

 

 

 

 

 

 

from                Oq

 

1kgの骨折犬の避妊

2018年01月19日 (金)

超小型の犬の避妊です

 

小さすぎてスペイフックで子宮が引っかからず

 

そんなこんなで避妊手術はおしまい

 

改めて子宮を見ると

 

 

awesome!!

DSC08388

 

 

子宮は爪楊枝よりも極細

ちなみに丸いのは卵巣です

 

 

更に比べてみました

DSC08389

 

何なんだ~、この小さなスクリュー

 

Φ1mmのスクリュー、手術で入れるのも大変、抜くのも大変

目が寄りそうです、寄りました

 

 

 

体が小さいのはかわいいかもしれませんが、小さすぎるのも考えものです

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

 

 

DSC08390

 

 

 

 

このスクリュー、1本3000円~4000円します

そのプレートは、~30000円

それを使って手術する道具は~2000000円

それを使って手術する知識と技術は、priceless

 

 

 

 

 

1kgの骨折犬 ③

2018年01月17日 (水)

骨折の手術して、62日目にしてスクリューを抜きます

相変わらずの体重は1.30kg、華奢です

 

一緒に避妊手術をお願いされました

うさぎより小さい犬、1.30kgです

 

抜きました

2597_14473_20180112145256.0

 

本来なら2枚プレート入れた方がよいとされますが、

薄すぎて、細すぎて、無理やり入れるとそこから折れそうでしたので1枚だけ

最上下のスクリューだけは残してこの骨折の治療は完治

再骨折防止のため、プレートは抜かずにこのままでいきます

 

さて、次は避妊手術です

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

1kgの骨折犬 ②

2018年01月15日 (月)

その後、2週間ごとにお越しいただきました

 

 

術後‐18日

2597_14356_20171129104416.0

 

 

術後‐32日

2597_14407_20171213172905.0

 

 

術後-46日

 

2597_14442_20171227114608.0

 

骨折線が消失です

次回はスクリューを抜くこととました

 

 

 

 

From                 Oq

 

1kgの骨折犬

2018年01月13日 (土)

生後3か月のT・プードル君♀、華奢です

 

子どもが抱っこしててフローリングに落とすこと、はや3回目

 

今回はダメでしたっ

 

2597_14319_20171110182038.0

 

骨折です

体重1.08kg、生後3カ月・・・

骨幅3.5mm・・・・・

 

竹ひごかっ

 

って、おらびたくなる小ささ

 

手術です

 

2597_14320_20171111150346.0

 

1mmのスクリューを5本入れました

今後2週間ごとにレントゲン検査です

 

もちろん、安静と副木は重要です

 

これからが怖い

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

高齢の恒例の歯石除去

2018年01月04日 (木)

いつもの通り、10日前から抗生剤処方

 

術前検査終了後、麻酔

 

表面に歯石

DSC08288

 

裏面にも歯石

DSC08287

 

奥歯にも歯石

DSC08291

 

特にこの歯は歯周病ということが、レントゲン検査で判明

 

と言うことで

DSC08292

 

この歯をきれいすると、歯根がお目見え

DSC08294

 

前の歯根をだして

DSC08295

 

抜歯

DSC08296

 

上顎の骨を平らに削って縫合

DSC08297

 

ちょっと時間がかかりましたが

DSC08298

 

美しい

DSC08300

 

美しい、13歳の犬の歯

 

 

 

 

 

 

 

歯を磨きましょう

 

 

 

 

From                 Oq