涙やけ防止に

2021年09月02日 (木)

こんにちは!

田中です。

 

今回は、新しい商品を紹介します。

 

飼い主の皆様の中に、ワンちゃん猫ちゃんの涙やけで困っている方はいませんか?

そういった方々にピッタシの商品の取り扱いを始めました!

 

アイリッドラッシュ

 

 

特徴としては、簡単に使えるワイプタイプで、ヒアルロン酸配合なので目の周りをしっとり保護し、清潔に保ちます。

すでに変色した涙やけをもとに戻すことはできませんが、毎日使用することで、通常14日程度で変化が見られます。

長期的に使用することで新しく生えた毛が清潔に保たれ、きれいな目元の維持につながります。

 

ワンちゃん猫ちゃんの目元が綺麗になれば、可愛さも倍増ですね。

 

商品が気になる方は、取り寄せますのでスタッフまでお声掛けください。

ドクターズ製品が送料無料キャンペーンを実施中です!

2021年06月20日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

当院でも最近販売数が増えてきております『ドクターズダイエット・ドクターズケア』のフードですが、メーカーの公式オンラインサイト「どうぶつ病院宅配便」というサイトからもお求めいただけます。

複数個注文しないと送料が高いのがちょっと難点なのですが、7/4までの期間限定・新規ご購入の方に限り送料無料キャンペーンを実施中だそうです。

 

会員登録には「動物病院コード」が、初回送料無料にするためには「キャンペーンコード」の2つが必要となりますので、スタッフまでお問い合わせください!

 

どうぶつ病院宅配便で購入して頂くメリットとして、「同じ商品を3個購入毎に1個無料でプレゼント!」というのはお得ですね!

 

ネットで購入するのは抵抗が。。。というお声もよく頂戴いたします。

ドクターズの公式サイトでは、商品到着後にコンビニや郵便局払いがOKになったので、「クレジットカードを登録したりするのがどうも苦手で…」という方や「現金払い主義です!」という方にも購入しやすくなったんではないでしょうか。

 

ドクターズダイエットシリーズ

ドクターズケアシリーズ

 

上記のようなドクターズの製品をご購入していただいている方で、「持って帰るのが荷物になるなぁ…」「3個+1個無料の特典を利用したいな…」という方などがいらっしゃいましたら、キャンペーンコード入力で1袋から送料無料で購入できますので、ご興味がある方は一度スタッフまでお問い合わせくださいね!

もちろん病院にお越しいただいて購入していただけるのも大歓迎です。

※7/4(日)まで、残り2週間ほどで終了するキャンペーンなのでご注意ください!!

投薬用おやつに『ビルジャック・レバートリーツ』取り扱い開始!

2021年05月31日 (月)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

ここのところずっと、投薬用のおやつ「ピルポケット」や「ピルアシスト」が欠品してご迷惑をお掛けしてます。

しばらく入荷の予定は立たず、毎日の投薬に使われてた方には非常に悩ましい問題ですよね。

 

代わりのものがないか探しておりましたが、今回アメリカのビルジャックというフードメーカーのおやつ『ビルジャック・レバートリーツ』という商品を入荷いたしました。

 

 

ビルジャックというメーカーは原材料製造方法にとてもこだわってフードを作っている会社で、米国のトップブリーダーや愛犬家に人気がある会社で、当院でも以前からちょこちょこと取り扱いがあるフードです。

今回はそのビルジャックのおやつで、新鮮な鳥のレバーを原材料に作られているそうです。

お値段もお求めやすく、約50粒入りで税込¥462で販売しております。

粒の大きさはこちらの写真で分かるように1.5cmくらいの粒のサイズになってます。

 

 

薬を包む場合は、手でつぶして真ん中をへこませて、そこに薬を置いて包み込みますが、あまり手にベトベトくっつく感じはありません。

ピルポケットやピルアシストと比べると若干水分量が少なく感じ、ややボロッと崩れやすいのですが、しっかり握るとちゃんとお団子になります。

 

 

あとは嗜好性ですね。

うちのぐり・ぐらちゃんに与えてみたんで動画をご覧ください↓↓

 

 

においがする時点ですでに待ちきれず…整腸剤の錠剤が中に入っているにも関わらず一瞬で食べてしまいました。

この反応は、ものすごーく美味しいみたいです!

ぐらちゃんは、食べないおやつも結構あるんですけどねぇ。

ワンちゃんには投薬用のおやつとしての実力は十分だと思いました。

ちなみに当院の猫たちにもあげてみましたが、なめたりかじったりした子もいますが、あまり猫は好きではないのかな!?

気になった方はぜひお買い求めください。

話題の5-ALA配合『エネアラ』販売中です!

2021年05月23日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

新型コロナウイルスはまだまだ収まる気配がありませんね。

緊急事態宣言も延長されそうですが、動物病院も繁忙期で待ち時間も長くなっており申し訳ありません。。。

お車でお待ちになりたい方などはご遠慮なく受付スタッフにお声かけくださいね。

 

エネアラ販売中です!

 

さて、私は久々のブログ更新となりますが、今回は『エネアラ』という犬猫用のサプリメントをご紹介します。

エネアラというサプリメントは発売されてもう2年くらいになりますでしょうか?

以前は高脂血症や肥満のワンちゃんにオススメするケースが多かったのですが、ここ最近は新しい知見がたくさん出て来ております。

そして何より、エネアラの成分「5-ALA(5-アミノレブリン酸)」が今すごく話題になっています。

ご存知の方がいればすごいですね!!

 

「5-ALA」というのは、何なのかというと、食べ物の中にも微量含まれており、体内でも合成されるアミノ酸の一種です。

しかし、食べ物から摂取するには膨大な量の食材を食べないといけなくなり、現実的には食べ物からたくさん摂るのは難しい成分なのです。

 

 

「5-ALA」は体内に入ると、いくつかの反応を経て「プロトポルフィリン」という物質になり、さらに鉄が結合して「ヘム」という物質になります。ヘムは、細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアが必要としている成分で、元気に過ごすためにとても大事な成分。それにヘムからヘモグロビンという血を作るのに重要な成分にもなります。

 

そのため、脂肪を燃焼して代謝をアップするため、肥満や高脂血症のワンちゃん・ネコちゃんにオススメできますし、糖の代謝を活発にしてくれますので糖尿病の管理に役立ったりという可能性があります。

最近では、慢性腎臓病の衰えた腎臓にとって、様々な良い働きがあるのではと言われており、実際に血液検査の数値が下がった、貧血が改善した、筋肉量の減少を抑えられた。。。などといった腎臓病の動物への嬉しい報告がチラホラと出てきています。

 

うちの子はちゃんと飲めるのかな~?と気になった方は、メーカーのサイトでたくさんのワンちゃん、猫ちゃんが美味しく食べている動画が載っていますので一度見てみてくださいね!

メーカーサイトはコチラ→https://eneala.jp/

 

 

以上!で基本的な宣伝は終わりなのですが、「今世間で話題になっている…」の件を一切説明をしておりませんでしたね。

実は、長崎大学の研究で、「5-ALA」が新型コロナウイルスの増殖を100%抑制した!と一時期ニュースでとても騒がれました。

記事はコチラ→https://news.yahoo.co.jp/articles/b972577fad261b0b73678077b4277d820e28f07d

シャーレの中で培養細胞での結果ですから、実際に患者さんに投与してどのくらい効くのかはまだ不明なのですが、長崎大学ではすでに患者さんへの投与や治験なども始まっております。

科学的な根拠はあって、前述の5-ALAから作られたプロトポルフィリンやヘムという物質が、コロナウイルスが細胞にくっついて侵入するためのウイルス表面にあるスパイクタンパクという部位にくっつくことにより細胞に侵入できなくするという話だそうです。

私もそれを知ってから毎朝5-ALAのサプリを飲んでますが、ぜひこの日本発の安全性の高い成分で、にっくき新型コロナウイルスを抑えることができればとても素晴らしいですね!期待したいです。

 

それとも関連してなのですが、猫ちゃんにもコロナウイルス感染症がありますが、その中でも厄介なのが、突然コロナウイルスが猛毒変異してしまう「猫伝染性腹膜炎(FIP)」という私たち獣医師泣かせの難病があります。

実は北里大学と5-ALAの製造元ネオファーマジャパンの研究で、こちらも培養細胞レベルで5-ALAが猫コロナウイルスの増殖を抑制したという発表が2月にされているんですよね。

こちらもにっくき猫伝染性腹膜炎(FIP)への治療薬開発への糸口になってくれはしないか…と期待しております。

コロナウイルスの増殖を抑えて下痢症状を改善してくれたり、さらに猛毒のFIPウイルスへの突然変異を減らすことがもしできるのなら予防的にも使えますしね。

 

最後の方は私の個人的な雑感がたくさん入りましたが、とても話題の成分「5-ALA」を配合した『エネアラ』をお求めの方は、ぜひ当院までお越しくださいね。

サイトポイントの注射でこんなにフサフサに!

2021年04月03日 (土)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

4月になりましたね。狂犬病予防も令和3年度分の注射が始まりました。

フィラリア予防も開始しておりますので、お時間ある時にお越しくださいね!

 

さて、以前のブログで、アトピー性皮膚炎のまったく新しい注射薬『サイトポイント』のご紹介をしておりました。

動物で初めて抗体医薬という薬が承認されたのはとてもインパクトのあるニュースでしたが、今回はその注射薬の治療で劇的に皮膚病が改善したワンちゃんをご紹介します。

 

柴犬のこたろうくん、8才の男の子です。

トリミングショップで耳の異常を指摘されたとのことで来院されました。

 

耳はもちろんなんですが、個人的には皮膚の脱毛がとても気になりました…

前足や太ももなど、あちこち自分でむしってしまって毛が薄くなってました。

 

お腹も赤くかゆそうで、ところどころ色素沈着(黒ずみ)が出てました。

 

かゆそうですね〜。

飼い主さんのお話では、しょっちゅうかゆくて自分でかんでいるそうです。

 

こういう場合、まず寄生虫や感染症などの病気を除外します。

そして次に考えるのは、食べ物が原因の「食物アレルギー」ではないか…ということですね。

食物アレルギーについてはコチラの過去ブログをご覧ください。

 

こたろうくんは、かゆみ・病変の発現部位や、過去に食物アレルギー用のフードなどをトライして効果がなかったなどの総合的評価から、ハウスダストなどの環境アレルゲンによる「アトピー性皮膚炎」の可能性が高いと判断しました。

 

アトピー性皮膚炎の治療にはいろんな薬があるわけですが、アポキル錠というアトピー性皮膚炎の薬を飲むと効果があること、そしてこたろうくんは薬を飲むのが大キライなことから、月1回の注射でかゆみを抑えるサイトポイントをご提案しました。

 

「初回」・「1か月後」と2回の注射を行って、3回目の注射でお越しになった際の写真がコチラです↓

治療開始2か月後の写真です!

 

とても毛の薄かった脇腹、ふとももや後ろ足がフサフサに生え揃いました!

飼い主さんのお話だと、初回の注射をしてすぐからほとんどかゆがらなくなったとのことでしたので、すごく効果を実感できたケースでした。

 

 

お腹の方はというと、赤みも引いてますし、黒ずみ(色素沈着)も少しずつ薄くなってきました。

他の薬は使わずに、月1回の注射だけでこれだけ劇的に良くなったんですね〜

毛が生え揃って、柴ちゃんらしいモフモフ感が戻って私も嬉しかったです♪

 

先日、4回目の注射にお越しになった際には、さらに毛量がアップしてお腹の色素沈着もほとんど改善しておりました。

今回は実は、前回の注射から2ヶ月間空いてたのですが、まったくかゆみはなかったそうです。

海外のケースでは、効果が出てくると間隔を空けてもコントロールできるケースがあると報告されてますが、こたろうくんも体重が6kgのワンちゃんですから10kg用の注射で抗体が2ヶ月くらいは持続してくれそうです。

さらに間隔を空けていけると良いですね♪

 

すべてのワンちゃんが適応になるわけではありませんが、気になった方はぜひ一度ご相談くださいね!

治療後の写真です。かゆみから開放されてとても明るい表情のこたろうくんでした♪

猫の甲状腺のお薬『チロブロック錠』が新登場!

2021年03月02日 (火)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

3月はQRコード決済PayPayで20%還元のキャンペーンを実施中です。(還元額には上限がありますのでご注意を)

オークどうぶつ病院でのお支払いも対象となりますのでどうぞご利用ください。

キャンペーンの詳細はコチラをご覧ください。

 

さて、高齢猫ちゃんに多い「甲状腺機能亢進症」という病気ですが、このたび猫ちゃん専用に開発された「チロブロック」という薬が登場しましたのでご紹介したいと思います。

 

猫ちゃんの甲状腺機能亢進症って何?と思われた方は、当院のアミカちゃんの闘病日記↓(過去ブログ)を読んでみてください。

(タイトルをクリックしていただければ、その記事へジャンプできます。)

「アミカの病気①~甲状腺機能亢進症・前編」→主に病気の症状を説明してます

「アミカの病気②~甲状腺機能亢進症・中編」→甲状腺の触診の方法と内科療法のお話をしてます

「アミカの病気③~甲状腺機能亢進症・後編」→外科手術の話をしてます

 

この薬は、元々人間用の製剤を割って処方していたのですが、とても苦くて飲ませにくく、猫ちゃんと飼い主さんの負担の大きい薬でした。

ですから今回の猫専用に開発された製剤の登場は、処方する私たち病院スタッフ、頑張って毎日投薬している飼い主さん、そして何より苦い薬を頑張って飲んでいる猫ちゃんの3者、みんなにとって嬉しい薬が登場しましたね!

最近出た薬の中でも、個人的には結構嬉しい新商品でした。。。

 

 

そのサイズ感の写真ですが、分かりますでしょうか?

とても小さい錠剤ですし、2種類の投与量サイズがあり、苦みを隠すコーティングがされてます。

割るととても苦いですので、そのまま飲ませましょう。

 

また、猫ちゃん専用に承認を取った薬ということは、安全性などもきちんと評価されてるということですので、そういった意味でも安心なんですね♪

現在投薬中の方は、徐々に切り替えを進めて行きますのでよろしくお願いします。

 

『筋トレわんわん』プレゼント中です!

2021年01月17日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

ついに福岡県に2度目の緊急事態宣言が出てしまいましたね。。。

オークどうぶつ病院では、以前の緊急事態宣言の時と同様、院内消毒に気を遣い診療を行っております。マスクの着用、なるべく少人数でのご来院、混み合っている際は外や車内で待っていただくなどの対応をお願いすることがあるかもしれません。

どうぞご協力をよろしくお願い致します。

 

コロナで巣ごもり生活の際に話題になったのが、自宅でじっとしていることによる筋肉の衰えや虚弱などです。老化による種々の機能低下をフレイルと呼んだり、また、高齢期における筋肉の減少はサルコペニアと呼ばれます。

最近こういった用語を耳にしたことがあるかもしれませんが、これらは、転んで骨折をしやすくなったり、要介護生活につながる体の良くない変化なのです。

 

実はワンちゃんでも同じことが起こります。ホームページのリニューアルの際に私が新しく書いた記事に、『老犬の筋肉の衰え』のコーナーがあります。ご興味がある方は今一度読んでみてください。

やはりワンちゃんでも年齢とともに衰えていくのが筋力です。筋力低下はまず後ろ足のふらつきから始まり、そこで何も手を打たなかったり、可愛がり過ぎて安静に過ごしてしまうと、どんどん衰えて寝たきりになってしまうのです。

ですから、筋力が低下しないように介護用ハーネスをつけてお散歩をしたり、そのページに記載しているような簡単な筋力トレーニングがオススメです。

 

その際に、筋力トレーニングやりつつも、なるべく効率的に筋肉をつけたい、あるいは筋力低下を防ぎたいということでオススメのサプリメントがあります。

前置きがとても長くなってしまいましたが、それがこの『筋トレわんわん』というおやつタイプのサプリメントです。

ネーミングからして、うちの子を筋肉ムキムキな犬にしたい!というイメージを抱かれるかもしれませんが、そうではなく、老犬の毎日の筋力トレーニングのご褒美として与えてもらうのにオススメできる製品です。

プレゼントキャンペーン実施中!!

 

主成分は、筋肉維持に必要なロイシンというアミノ酸から体内で作られる物質「HMB」という成分です。

これを補給することで、筋肉を作る手助けと筋肉が衰えるのを防ぐ効果があることがヒトの研究で証明されています。

 

また、その他の成分として、以下のような成分も配合されていますし、鹿肉やホワイトソルガムという穀物が原料で出来ていますので、アレルギーを持っているワンちゃんでも安心して与えることができるおやつです。

 

もしご興味を持たれた方は、オークどうぶつ病院けやき・スタッフか前谷までお声かけください。

賞味期限が短い製品を少し頂きましたので…

ご希望の方には、製品を1袋プレゼントします!

 

このブログを読んで試してみたい!と思われた方は、早い者勝ちですのでぜひお声かけくださいね!

 

デンタルケアの新習慣

2020年12月01日 (火)

こんにちは!

田中です。

 

皆さん、お家のワンちゃん猫ちゃんの口臭でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

ペロペロされるのはいいけど、最近ちょっと口臭が…ってなってる方、

歯磨きの習慣がついてる子はいいですが、今まで歯を磨いたことがない子に急に歯磨きは難しいですよね。

 

そんな方に『アクアデントフレッシュ

 

 

ザクロエキス、エリスリトール、イヌリンという天然由来の3つの成分が配合されていることで、デンタルケアにつながるようです。

使い方は簡単。飲み水に少しまぜるだけです。

毎日続けるデンタルケアで、口臭の軽減が図られます。

デンタルガムやブラッシングと併用されるとより効果的です。

 

とは言っても、飲んでくれなきゃ意味がないので、

さっそく病院のリンちゃん、メノちゃんで試してみました。

 

 

興味のある方は、サンプルも用意してますので、スタッフまでご相談ください。

 

 

「低リン低ナトリウム」の猫用ちゅ~るが新発売!

2020年11月24日 (火)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

猫ちゃんに大人気のいなばの「ちゅ~る」

「ちゅ〜る」という単語は、猫ちゃんが自分の名前の次に覚えている日本語といっても過言ではないのでしょうか…

その病院専用シリーズとして「エネルギーちゅ~る」というシリーズがあるのをご存知でしょうか?

左下の「低リン低ナトリウム」(まぐろ味)が新発売です!

 

新製品として先日、『低リン低ナトリウム』のちゅ~る(まぐろ味)が登場しましたよ!

低リン低ナトリウムというネーミングではなかなかピンと来ないようで。。。

普通のまぐろ味と何が違うんだろう??と思いますよね。

スタッフも「これは何?」と首を傾げていました。

簡単に言うと、腎臓病の猫ちゃんやシニア猫ちゃん用のちょっと罪悪感のないちゅ~るですね♪

 

メーカーの公表値では、普通のエネルギーちゅ~る(まぐろ味)と比べて、リンは約50%減、ナトリウム(塩分)は約65%減となっておりますので、少し安心して高齢猫ちゃんにも与えられますね~

 

うちの子は腎臓病だから、ちゅ~るはあげられないなぁ…塩分が気になるなぁ…という声はよくお聞きします。

もちろんこの製品も完全に腎臓病用に配慮した製品ではないですが、食欲が落ちてるけどちゅ~るは食べるんだよなぁというケースってありますよね。

そんな時にぜひ食欲アップの起爆剤として使ってみてください!

 

「でもナトリウム(塩分)も控えめっていうことは美味しくないんじゃないの!?」という声が。。。

そこでうちの腎臓病4にゃん🐾衆の出番ですよね。

 

現在、病院専用シリーズとして発売している3種類の食べ比べをしてもらいました。

結果は、動画の方でご覧ください!

 

いかがだったでしょうか?

新しい「低リン低ナトリウム」のエネルギーちゅ~る(まぐろ味)はヘルシーなのにかなり美味しいようですね~

通常のちゅ~るよりも水分が多いのか、サラッとしているので食べやすそう♪

正真正銘、一発勝負で撮影した結果なんですよ。

以前ブログでご紹介した『アミンアバスト』を与えるのにまさに最適ですね!

受付のところに置いてますので、ぜひお試しくださいね!

ビルバックHPM療法食で1袋無料キャンペーンを行ってます!

2020年10月24日 (土)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

今回のブログは、新しく取扱いを始めた、製薬メーカー「ビルバック」の病気の犬猫用療法食についてのご案内となります。

 

以前に、診察室にHPMというプレミアムフードの紹介を掲示していたことがあるのですが、今回そのシリーズに様々な病気用の療法食が加わりました。

新製品とは言っても、ビルバック社のあるフランスでは元々販売されておりますので、すでに母国フランスでは定評のある商品です。

ビルバックは製薬会社であり、以前ブログでも紹介したベジデントフレッシュなどの歯科用製品やプロネフラなどの様々な病気用製品に力を入れているメーカーですね。

 

ビルバックのフードHPMの特徴は?

たくさん種類があって、何が良いのかわからない…という声が聞こえてきます。

ビルバックのHPMの一番の特徴は、「犬や猫の本来必要な栄養要求に近いフードを与えたい」という理念になりましょうか。

どういうことかというと、猫は完全肉食動物ですし、祖先がオオカミの犬も雑食動物とはいえかなり肉食よりの動物なのです。

ですから、彼らの祖先たちはお肉メインで食べてきましたので、あまり穀物などは食べ慣れていないわけです。

他のフードを悪く言うつもりは一切ない(それぞれケースバイケースで選んでもらう形で良いと思う)というのを前置きしておきますが、一般的なドッグフード・キャットフードは、腹持ちをよくするため、穀類(炭水化物)でかさを増やしています。

最近、グルテンフリーという言葉はたびたび耳にすると思いますが、そのグルテン(小麦)やコーン(スターチも)、大豆などはフードにたくさん含まれているわけですね。

グルテンは腸や様々な部位に炎症やアレルギーを引き起こす原因だとも考えられたりすることから、特に欧州などでは「グルテンフリー」という考え方が広く浸透しております。有名なテニスプレーヤーのジョコビッチ選手も、ピザ屋の息子でありながら、グルテンフリーを行うことでパフォーマンスが向上し、大成したという話は有名です。

 

余談が長くなってしまいましたが、ビルバックHPMシリーズは総じて、犬猫本来の必要な栄養素性にできるだけ近づけるべく、「高タンパク質・低炭水化物」になるように設計されているわけです。

その原材料にもこだわっており、タンパク質もそのほとんどが良質なお肉由来の動物性タンパク質からなります。

また、減らした炭水化物源としても、グルテンである小麦やトウモロコシ・大豆を一切使っておりません

栄養や原材料にこだわる方や、アレルギーなどの心配がある子たちにオススメのフードと言えると思います。

 

 

 

どうやって購入するの?

ビルバックHPMの療法食は、基本的には院内では販売しておらず、ネット販売になります。

(院内で取り寄せることもできますが、なるべくネットでの購入を推奨しております。)

購入できるサイトは、『ビルバックサービス』というサイトになり、ここでは今回ご紹介したフードや、ベジデントフレッシュなどのデンタル製品も一緒に購入することができます。

いきなり買えるのかというとそうではなく、購入には動物病院のコードを入力する必要があります。

当院にお越しいただければ、以下のようなコードを書いた紙をお渡しします。

 

療法食は、犬猫あわせて9種類のシリーズがありますので、ご興味を持たれた場合は細かい特徴などをお話しますので聞いてくださいね。

 

以前より販売していた、HPMの一般食もあります。こちらはビルバックサービスに登録して申し込むと、ご自宅に無料でサンプルが届く仕組みとなっております。

 

 

現在、療法食の1袋無料キャンペーンを行っております!

なんと、そのビルバックHPMの療法食ですが、ただ今太っ腹なキャンペーン中です!

そのキャンペーンの内容は、ビルバックサービスに登録をすると、通常2,500円 or 3,000円する療法食が、今なら送料600円の負担のみで1袋試すことができる」というものです。(HPMの一般食と、猫ちゃんの腎臓病用のフードは対象外です!!

色んなメーカーの療法食をサンプルもらって試したんだけどあまり食べないんだ…とか、今のフードに飽きちゃって違うのも試したいな…という方はお声かけください。

以下のようなクーポンコードが書かれた紙をお渡ししますので、送料分600円でまずは1袋購入してお試しください。

(この商品は、他メーカーのように食べるかどうかお試しでお渡しする小袋サンプルがありませんので。。。)

 

 

1袋無料キャンペーンは12/11(金)までの期間限定となっておりますので、もしこのブログを読んで興味を持たれた方は一度お声かけくださいね!