5年ぶりの大寒波襲来☃

2021年01月08日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

昨日から福岡市上空にも強い寒気が入り込んでおり、今朝は福岡市内平地でも久々の積雪&路面凍結となっていますね。

5年前の寒波の際も、水道管が凍ったり病院前の道路も真っ白になって大変だったのを思い出します。。。

まだ数日はさらなる降雪の予報も出ております。

路面凍結や積雪で、病院近辺の歩道なども大変滑りやすいところがあります。

交通機関の運休や遅延などもあるかと思います。

皆さま、くれぐれもお気をつけてご来院くださいね。

 

今朝のオークどうぶつ病院前。O院長撮影

本日より診療開始です💉

2021年01月04日 (月)

明けましておめでとうございます。

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

私たちオークどうぶつ病院は、本日 1/4より通常診療を開始いたします。

動物たちと皆さまの健やかな暮らしを後押しできるよう今年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて皆さん、お正月はどう過ごされましたか?

コロナ感染者が急増しており、例年とは違ったお正月を過ごされたのではないかと思います。

私も今年は帰省は控えて家で静かに過ごしました。

例年、ペットホテルの動物たちで大変にぎわう病院内も、今年はキャンセルが相次ぎましたので、ホテルの子たちも少なく静かでしたね。

 

お正月も自宅で過ごしましたのでこれといって何もなかったのですが、初詣には行きましたよ。

元旦に近所の小さな神社に、そして昨日はなんだかんだで病院にちょこちょこ出入りしてましたので、終わって夜、人の少ない時間帯にお隣の護国神社にもお参りしてきました。

 

さて、護国神社と言えば例のアレを探しましょう。。。

どこにあるのかなぁ…と歩きまわりましたが見つけましたよ!

 

さて、どこにあるでしょうか??

初詣に行かれた際には見つけてみてくださいね〜!

新年明けましておめでとうございます。

2021年01月01日 (金)

明けましておめでとうございます。

旧年中は色々とお世話になりありがとうございました。

 

新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、

1つでも明るいことが増える1年でありますよう、

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

年始は、1/4(月)より通常営業を開始いたします。

新年より新しいスタッフが増えました。

慣れるまで、ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんがよろしくお願い致します。

 

オークどうぶつ病院を本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

藤原

 

🐭年末年始について🐮

2020年12月22日 (火)

こんにちは!

田中です。

 

令和2年も、残すところあとわずかですね🐭

今年は大変な1年になりましたが、皆さん、新しい年を気持ちよく迎える準備はできてますか?

大掃除、年賀状作成、年末年始の準備、忙しいですね。師走ですね。

楽しみながら進めたいものです。

 

オークも年末年始(12/30~1/3)は休診日になります。

今回は、休診日期間中のご案内をしたいと思います。

 

まずは、フード・お薬の購入についてですが、取引業者もお休みに入りますので、お早めに購入をお願いします。

フード・お薬が、休診中になくならないように気をつけてくださいね。

 

次にホテルのご利用についてですが、休診日に重なるホテルは特別料金となります。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

また休診中のお預かり、お迎えの時間も、ご予約の際にスタッフまでお尋ねください。

 

しっかり準備して、新しい年をお迎えしましょう🐮

 

新スタッフ✨

2020年12月15日 (火)

こんにちは!

田中です。

 

最近、急に寒くなって朝起きるのが億劫な季節になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、新しいスタッフの紹介です。

 

みなさんの中には、「そういえば最近、西区のオークで新しい男性のスタッフを見た」という方がいらっしゃるかもしれません。

 

そう、その男性が今回紹介する、米良先生です。

大動物(牛馬など)を診られていた経歴を持つ異色の先生です。

 

旅が趣味の優しい先生です。

 

これから、オークどうぶつ病院共々、よろしくお願いいたします。

 

モウちゃん㊗20才

2020年12月05日 (土)

こんにちは、田中(明)です🦔

12月はモウちゃんのお誕生日!

\ 20才になりました🎉 /

毎日の投薬と2日に1回の点滴を頑張ってます🐈

20才でもいっぱい食べて、

いっぱい甘えて過ごしてね!

\ 皆も風邪に気を付けてニャ~☃ /

デンタルケアの新習慣

2020年12月01日 (火)

こんにちは!

田中です。

 

皆さん、お家のワンちゃん猫ちゃんの口臭でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

ペロペロされるのはいいけど、最近ちょっと口臭が…ってなってる方、

歯磨きの習慣がついてる子はいいですが、今まで歯を磨いたことがない子に急に歯磨きは難しいですよね。

 

そんな方に『アクアデントフレッシュ

 

 

ザクロエキス、エリスリトール、イヌリンという天然由来の3つの成分が配合されていることで、デンタルケアにつながるようです。

使い方は簡単。飲み水に少しまぜるだけです。

毎日続けるデンタルケアで、口臭の軽減が図られます。

デンタルガムやブラッシングと併用されるとより効果的です。

 

とは言っても、飲んでくれなきゃ意味がないので、

さっそく病院のリンちゃん、メノちゃんで試してみました。

 

 

興味のある方は、サンプルも用意してますので、スタッフまでご相談ください。

 

 

「低リン低ナトリウム」の猫用ちゅ~るが新発売!

2020年11月24日 (火)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

猫ちゃんに大人気のいなばの「ちゅ~る」

「ちゅ〜る」という単語は、猫ちゃんが自分の名前の次に覚えている日本語といっても過言ではないのでしょうか…

その病院専用シリーズとして「エネルギーちゅ~る」というシリーズがあるのをご存知でしょうか?

左下の「低リン低ナトリウム」(まぐろ味)が新発売です!

 

新製品として先日、『低リン低ナトリウム』のちゅ~る(まぐろ味)が登場しましたよ!

低リン低ナトリウムというネーミングではなかなかピンと来ないようで。。。

普通のまぐろ味と何が違うんだろう??と思いますよね。

スタッフも「これは何?」と首を傾げていました。

簡単に言うと、腎臓病の猫ちゃんやシニア猫ちゃん用のちょっと罪悪感のないちゅ~るですね♪

 

メーカーの公表値では、普通のエネルギーちゅ~る(まぐろ味)と比べて、リンは約50%減、ナトリウム(塩分)は約65%減となっておりますので、少し安心して高齢猫ちゃんにも与えられますね~

 

うちの子は腎臓病だから、ちゅ~るはあげられないなぁ…塩分が気になるなぁ…という声はよくお聞きします。

もちろんこの製品も完全に腎臓病用に配慮した製品ではないですが、食欲が落ちてるけどちゅ~るは食べるんだよなぁというケースってありますよね。

そんな時にぜひ食欲アップの起爆剤として使ってみてください!

 

「でもナトリウム(塩分)も控えめっていうことは美味しくないんじゃないの!?」という声が。。。

そこでうちの腎臓病4にゃん🐾衆の出番ですよね。

 

現在、病院専用シリーズとして発売している3種類の食べ比べをしてもらいました。

結果は、動画の方でご覧ください!

 

いかがだったでしょうか?

新しい「低リン低ナトリウム」のエネルギーちゅ~る(まぐろ味)はヘルシーなのにかなり美味しいようですね~

通常のちゅ~るよりも水分が多いのか、サラッとしているので食べやすそう♪

正真正銘、一発勝負で撮影した結果なんですよ。

以前ブログでご紹介した『アミンアバスト』を与えるのにまさに最適ですね!

受付のところに置いてますので、ぜひお試しくださいね!

口の中の珍しい病気「歯原性のう胞」へのレーザーの応用

2020年11月20日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

前回のブログでは、口の中のガンに対してレーザー手術器を使用したケースレポートをご紹介させていただきましたね。

早速ブログを見て来られて、治療を開始したワンちゃんもおりますが、あくまで根本治療ではなく少しでもQOLを改善したいという思いで行っている治療であることを再度お伝えしておきます。

今回は、同じく口の中にレーザー手術器を使用した珍しい病気の治療編をお送りします。

 

先日偶然に口の中にしこりを見つけたチワワの大吉ちゃんです。

いつも何をするにも嫌がったり怒ったりせず、目が合うと必ずしっぽを振ってくれる明るいワンちゃんです!

上の前歯の位置にやや黒っぽく見えるしこりがありました。

写真は麻酔下にてフラッシュ撮影しておりますので明るく見えますが、実際は黒ずんだしこりのように見えました。

 

麻酔をかけて精査したところ、透き通って見えますので液体が貯まっているのかなと細い針を指すと透明な液体が抜けてぺちゃんこになりました。

 

液体がたまっているということは「のう胞」といって袋の中に水がたまる構造の病変のようです。

そのままにしておくとまた水がたまって膨らんできますので、一部外側ののう胞壁を切り取りました。

 

さて、どう治療しましょうかね。。。

おそらく内側には水分を分泌する細胞があり、表面の穴がそのままふさがるとまた同じように水ぶくれが再発しそうです。

そこで、内側を裏打ちしている内膜をレーザーで蒸散・凝固してみました。

うまく行けば分泌細胞が死んで水分の分泌が止まり、組織が再生すればきれいに治るかなーと考えました。

中は大きな空洞となっており、その中にレーザー器具を入れてあちこちくまなくレーザー凝固しました。

 

ちょっと痛々しい写真ですよね。

術後はしばらく口元を触るとちょっと怒ってましたが、ご飯はしっかり食べて元気に過ごせましたよ。

3週間後に再診に来ていただいた時にはいつもの優しい大吉ちゃんに戻って、口の中もあんぐりとじっと観察させてくれるようになりましたね。

その時の写真がコチラです↓

 

とてもきれいに治りました。

念のため悪いものじゃないかどうか調べるため、切り取った外側の膜を病理検査に送ってました。

悪いものじゃなくて一安心♪ きれいに治りましたのでこれで治療終了です!

 

歯根膜などから発生する歯原性のう胞は、人ではたまにあるケースですが、犬では非常にまれな病気です。

治療としては、のう胞を袋ごと摘出するのがセオリーなわけですが、後々調べてみると、過去には今回の治療と同様にレーザー蒸散した報告もあるようですね。

何年やってても見たことないような病気や症状は来るもので。。。本当に毎日が勉強ですねぇ…

 

モウすぐ🎅🏻

2020年11月16日 (月)

こんにちは、田中(明)です🦔

モウすぐ12月ですね

オークでは今年もクリスマスの飾り付けをしました🎄

\ ワシは12月で20才じゃ👴🏻 /

7人のサンタを待ち時間に見つけると

良いクリスマスを迎えられるかも……?😎

\ 今月もフィラリア予防おねがいします /