箱罠 ⑤

2018年01月31日 (水)

今日も朝一番で箱罠の確認です

 

おっとー、扉が落ちてる

また誤作動したか~

 

CIMG9940

 

!?

 

動く?

 

CIMG9941

 

かかってるーっ

2っ、2匹も!!

 

CIMG9942

 

攻撃性は半端ではない

 

突進してくる

 

地域の畑や家畜、庭をめちゃくちゃにしてきた犯人確保っ

 

あとは猟師さんに連絡です

 

 

 

 

 

From                Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1191

自家製猪骨ラーメン

 

 

火災

2018年01月29日 (月)

水槽内の配線がショートして煙が充満

1匹は亡くなったそうです

 

DSC08330

 

顔に覇気がありません

 

DSC08329

 

四肢もダラ~んとして、力が入らないようです

おそらく一酸化炭素中毒

 

水槽やケージ内の配線には常に注意をしましょう

 

動物が咬んだり、経年劣化でショートします

 

今回は経年劣化のようです

DSC08333

 

 

ホテルでお預かりする爬虫類、小鳥、小動物は特にヒーターの持ち込みが多いです

床ヒーターに、ひよこ電球に、遠赤外線ヒーターに・・・・・

コードだらけのオーナーさん、多数

ほどほどにしましょう、虚弱になっていきます

 

知人の動物病院では、入院の犬にヒーター入れて帰ったら

翌朝、入院室がボヤだった

ヒーターのコードをその犬が齧って、ボヤだったそうです

その犬が感電死や一酸化炭素中毒、火傷をしなくてよかったですが・・・

 

病院が燃えなくてよかったという話

 

 

 

 

 

 

From                       Oq

 

 

 

 

DSC08332
お尻から出てます

2018年01月28日 (日)

という主訴

どれどれ~

 

DSC08397

 

脱腸状態

表面にステロイド入り抗生剤軟膏を塗布して元に

その後、温水点滴液浣腸をして、反転しているであろう脱出物を元に

そして縫合

 

DSC08398

 

1カ月はこのままでいきましょうね

産卵でいきんで、出てくることもあるのでレントゲン検査をしましたが(-)

 

もう一度、全身を確認すると

 

DSC08396

 

なんか、甲羅から体がはみ出してな~い?

体だけ大きくなって甲羅が伴ってな~い?

 

食餌の栄養バランスや直接日光浴を指示しました

これはまた繰り返し、出てくる可能性があります

 

小さいな甲羅の中では、収納できないから出てきたのかもしれない・・・

 

 

 

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

 

 

 

緊急往診

2018年01月27日 (土)

産気づいたので診に来て~~っ

という、鼻息の荒い電話がかかってきました

 

IMG_1193

 

もう生まれていましたし、立ちあがっています

乳も飲んでいます

胎盤もしっかり出ていました

 

することなし

 

初乳の出が悪いので、オキシトシン投与

乳のマッサージ

人工哺乳

 

IMG_1196

 

このセットで生き抜きましょう

 

とりあえずは人用哺乳瓶と人間の赤ちゃんミルクで飼育中

 

 

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

 

 

IMG_1194
交配したかも ②

2018年01月26日 (金)

難産の緊急手術です

 

DSC08391

 

子宮体が出てきました

獎膜面は出血しています ⇒ 引きちぎられそうになっている

 

このまま胎仔を取り出して蘇生開始

 

母親側は子宮を閉じて、腹腔洗浄して閉腹

 

 

仔は蘇生虚しくダメでした

DSC08392

 

よく仔を見て見ますと、

①:前肢の長さと太さが違う

 

DSC08393

 

子宮内で圧迫されていたにしても、違いすぎる

 

②:腹部と比較すると胸部が小さすぎる

 

DSC08394

 

 

③:レントゲン写真の通り、頭の骨はグズグズで隙間が多数

 

 

近親交配のせいか?

奇形な仔でした

外観がそうであれば内臓系も何かあったかもしれません

 

 

 

 

今回の教訓

初発情では交配は避ける

近親交配は避ける

無事に出産するまで、いつ何時、難産になるかもしれないことを忘れない

定期的に、妊娠したら45日以降はレントゲン検査をする

 

 

 

 

 

From                 Oq

 

 

 

箱罠 ④

2018年01月25日 (木)

確認です

・・・・・

扉が閉まっていました

 

CIMG9936

 

罠の周りが掘り返されている

中のおびき寄せの餌を食べようとするも入らず

 

恐ろしいパワー

 

整地しなおして

 

CIMG9937

 

サツマイモと青米と米糠とみかんで更に追撃

 

罠師匠・・・このイノシシの掘り返しからすると、デケぇーぞ

 

 

 

 

どんな奴か、楽しみです

 

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

 

なかなかつかまらない、かしこい奴

 

 

 

 

 

 

IMG_1186

自家製イノシシカレー

 

ハムスターの腫瘍 ②

2018年01月24日 (水)

何か見覚えのあるハムスター君、2歳、よぼよぼデス

手に腫瘍ができて、出血しているという

これまた聞いたことがある主訴

 

・・・・・・・!!!

 

2018年1月8日ブログ参照

 

また違うところにできたらしい

 

DSC08400

 

今回は手首の内側にできている

 

DSC08399

 

希望は焼烙という、積極的なオーナーです

 

無麻酔とはいえ、2歳というご高齢

 

短時間で終わらせます

 

30秒ほどで

 

DSC08401

 

終了で成功

 

 

おそらく老齢性の乳頭腫という腫瘍

今後もできる可能性が大

 

そう毎回毎回、うまくいくとは限りませんyo

内心ドキドキしつつの処置でした

 

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

蜜蝋

2018年01月23日 (火)

さて、秋にとりだしましたハチミツのカス=巣=蜜蝋

これを綺麗に取り出します

 

巣を鍋に入れて、火にかけます

 

IMG_1112

 

ゆっくりと溶かして液状にします

そこにお湯を入れて不純物を浮かしました

ハチの死骸やらなんやらをすくい出して、

紙パックに流し込む

 

IMG_1145

 

ゆっくり冷やしつつ、残りのお湯だけが固まらないので捨てると

 

IMG_1146

 

冷えてきました

紙パックを切ります

 

IMG_1173

 

ほらね、完成

 

IMG_1174

 

ハチミツの甘い香りが漂う、

でも甘味は皆無

 

さて、これで何作ろう

 

 

 

 

From                       Oq

 

 

 

箱罠  ③

2018年01月22日 (月)

ご近所さんから、何か罠にかかったので確認してとのこと

朝6時台から出陣

 

OH~、こっちの罠ね

IMG_1179

 

何かに威嚇されました

暗くて見えぬ

 

IMG_1180

 

野良猫?

 

CIMG9939

 

下半身がハゲています

 

IMG_1182

 

たぬきっ

 

こいつがご近所さんの鶏を食べていたんだねー

 

しかし、このたぬき、

①:削痩

②:下半身の脱毛

③:掻きむしって傷ついている

 

 

 

この条件がそろえば病名は

 

疥癬ダニ症

 

痒くて痒くて、寝られない、ストレスで死亡しているということがよくTVでもみます

 

罠の持ち主を説得しまして、疥癬の治療して山に放すということとなりました

 

ケージの隙間から体にこの薬を垂らす

 

IMG_1184

 

 

これで外部と内部寄生虫(線虫類)を駆除

 

 

かえって捕まって良かったなー、たぬ公

 

 

 

 

ちなみに、罠の中に入れた餌、

この前、お裾わけしましたイノシシの骨とのこと

骨ごと完食していました

 

 

 

From                       Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1181

マイフリーガードもつけます

フィラリア症でなけれなよいが・・・

交配したかも

2018年01月21日 (日)

妊娠したかもしれないという主訴デス

オッパイは張っており、膣が少し濡れている

明らかに妊娠中

初発情でしかも、父親との交配・・・

 

まずがレントゲン検査です

2623_14486_20180115143226.0 2623_14487_20180115143326.0

妊娠しています、1頭だけ

1頭だと栄養が一人占めできるので、大きくなって難産になりやすい

今回はまだ骨盤腔より仔の頭は小さいのでOK

頭の骨はまだ薄いので6日後にレントゲン検査をお勧めしました

 

3日後、突然苦しそうにしているということで緊急来院

膣は変わらず少々濡れている

微熱がある

しかし、仔はまだ骨の形成からして、生む時期ではない

レントゲン検査です

 

2623_14493_20180118105103.0

!!

2623_14494_20180118105149.0

胎児が肩から出かかって産道につまっています

超音波検査では仔の心拍数は微弱

 

緊急に帝王切開です

 

 

 

 

 

 

from                Oq