火災

2018年01月29日 (月)

水槽内の配線がショートして煙が充満

1匹は亡くなったそうです

 

DSC08330

 

顔に覇気がありません

 

DSC08329

 

四肢もダラ~んとして、力が入らないようです

おそらく一酸化炭素中毒

 

水槽やケージ内の配線には常に注意をしましょう

 

動物が咬んだり、経年劣化でショートします

 

今回は経年劣化のようです

DSC08333

 

 

ホテルでお預かりする爬虫類、小鳥、小動物は特にヒーターの持ち込みが多いです

床ヒーターに、ひよこ電球に、遠赤外線ヒーターに・・・・・

コードだらけのオーナーさん、多数

ほどほどにしましょう、虚弱になっていきます

 

知人の動物病院では、入院の犬にヒーター入れて帰ったら

翌朝、入院室がボヤだった

ヒーターのコードをその犬が齧って、ボヤだったそうです

その犬が感電死や一酸化炭素中毒、火傷をしなくてよかったですが・・・

 

病院が燃えなくてよかったという話

 

 

 

 

 

 

From                       Oq

 

 

 

 

DSC08332
お尻から出てます

2018年01月28日 (日)

という主訴

どれどれ~

 

DSC08397

 

脱腸状態

表面にステロイド入り抗生剤軟膏を塗布して元に

その後、温水点滴液浣腸をして、反転しているであろう脱出物を元に

そして縫合

 

DSC08398

 

1カ月はこのままでいきましょうね

産卵でいきんで、出てくることもあるのでレントゲン検査をしましたが(-)

 

もう一度、全身を確認すると

 

DSC08396

 

なんか、甲羅から体がはみ出してな~い?

体だけ大きくなって甲羅が伴ってな~い?

 

食餌の栄養バランスや直接日光浴を指示しました

これはまた繰り返し、出てくる可能性があります

 

小さいな甲羅の中では、収納できないから出てきたのかもしれない・・・

 

 

 

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

 

 

 

緊急往診

2018年01月27日 (土)

産気づいたので診に来て~~っ

という、鼻息の荒い電話がかかってきました

 

IMG_1193

 

もう生まれていましたし、立ちあがっています

乳も飲んでいます

胎盤もしっかり出ていました

 

することなし

 

初乳の出が悪いので、オキシトシン投与

乳のマッサージ

人工哺乳

 

IMG_1196

 

このセットで生き抜きましょう

 

とりあえずは人用哺乳瓶と人間の赤ちゃんミルクで飼育中

 

 

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

 

 

IMG_1194
交配したかも ②

2018年01月26日 (金)

難産の緊急手術です

 

DSC08391

 

子宮体が出てきました

獎膜面は出血しています ⇒ 引きちぎられそうになっている

 

このまま胎仔を取り出して蘇生開始

 

母親側は子宮を閉じて、腹腔洗浄して閉腹

 

 

仔は蘇生虚しくダメでした

DSC08392

 

よく仔を見て見ますと、

①:前肢の長さと太さが違う

 

DSC08393

 

子宮内で圧迫されていたにしても、違いすぎる

 

②:腹部と比較すると胸部が小さすぎる

 

DSC08394

 

 

③:レントゲン写真の通り、頭の骨はグズグズで隙間が多数

 

 

近親交配のせいか?

奇形な仔でした

外観がそうであれば内臓系も何かあったかもしれません

 

 

 

 

今回の教訓

初発情では交配は避ける

近親交配は避ける

無事に出産するまで、いつ何時、難産になるかもしれないことを忘れない

定期的に、妊娠したら45日以降はレントゲン検査をする

 

 

 

 

 

From                 Oq

 

 

 

ハムスターの腫瘍 ②

2018年01月24日 (水)

何か見覚えのあるハムスター君、2歳、よぼよぼデス

手に腫瘍ができて、出血しているという

これまた聞いたことがある主訴

 

・・・・・・・!!!

 

2018年1月8日ブログ参照

 

また違うところにできたらしい

 

DSC08400

 

今回は手首の内側にできている

 

DSC08399

 

希望は焼烙という、積極的なオーナーです

 

無麻酔とはいえ、2歳というご高齢

 

短時間で終わらせます

 

30秒ほどで

 

DSC08401

 

終了で成功

 

 

おそらく老齢性の乳頭腫という腫瘍

今後もできる可能性が大

 

そう毎回毎回、うまくいくとは限りませんyo

内心ドキドキしつつの処置でした

 

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

蜜蝋

2018年01月23日 (火)

さて、秋にとりだしましたハチミツのカス=巣=蜜蝋

これを綺麗に取り出します

 

巣を鍋に入れて、火にかけます

 

IMG_1112

 

ゆっくりと溶かして液状にします

そこにお湯を入れて不純物を浮かしました

ハチの死骸やらなんやらをすくい出して、

紙パックに流し込む

 

IMG_1145

 

ゆっくり冷やしつつ、残りのお湯だけが固まらないので捨てると

 

IMG_1146

 

冷えてきました

紙パックを切ります

 

IMG_1173

 

ほらね、完成

 

IMG_1174

 

ハチミツの甘い香りが漂う、

でも甘味は皆無

 

さて、これで何作ろう

 

 

 

 

From                       Oq

 

 

 

交配したかも

2018年01月21日 (日)

妊娠したかもしれないという主訴デス

オッパイは張っており、膣が少し濡れている

明らかに妊娠中

初発情でしかも、父親との交配・・・

 

まずがレントゲン検査です

2623_14486_20180115143226.0 2623_14487_20180115143326.0

妊娠しています、1頭だけ

1頭だと栄養が一人占めできるので、大きくなって難産になりやすい

今回はまだ骨盤腔より仔の頭は小さいのでOK

頭の骨はまだ薄いので6日後にレントゲン検査をお勧めしました

 

3日後、突然苦しそうにしているということで緊急来院

膣は変わらず少々濡れている

微熱がある

しかし、仔はまだ骨の形成からして、生む時期ではない

レントゲン検査です

 

2623_14493_20180118105103.0

!!

2623_14494_20180118105149.0

胎児が肩から出かかって産道につまっています

超音波検査では仔の心拍数は微弱

 

緊急に帝王切開です

 

 

 

 

 

 

from                Oq

 

1kgの骨折犬の避妊

2018年01月19日 (金)

超小型の犬の避妊です

 

小さすぎてスペイフックで子宮が引っかからず

 

そんなこんなで避妊手術はおしまい

 

改めて子宮を見ると

 

 

awesome!!

DSC08388

 

 

子宮は爪楊枝よりも極細

ちなみに丸いのは卵巣です

 

 

更に比べてみました

DSC08389

 

何なんだ~、この小さなスクリュー

 

Φ1mmのスクリュー、手術で入れるのも大変、抜くのも大変

目が寄りそうです、寄りました

 

 

 

体が小さいのはかわいいかもしれませんが、小さすぎるのも考えものです

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

 

 

DSC08390

 

 

 

 

このスクリュー、1本3000円~4000円します

そのプレートは、~30000円

それを使って手術する道具は~2000000円

それを使って手術する知識と技術は、priceless

 

 

 

 

 

家畜保健所 ②

2018年01月16日 (火)

さて解剖です

(今回はグロい写真注意です)

 

 

簡単に表面を水洗して

 

CIMG9906

 

汚れを落とします

 

CIMG9907

 

そして、解剖台に載せます

 

CIMG9908

 

それぞれの臓器を確認して、はずしていきます

 

CIMG9911

 

心臓と肺は異常なし

 

CIMG9914

 

左右の腎臓、異常なし

 

CIMG9919

 

脾臓、異常なし

 

CIMG9923

 

肝臓、胆嚢異常なし

 

CIMG9916

 

第1胃~第3胃、異常なし

 

CIMG9921

 

第4胃、やや肥厚

 

CIMG9924

 

寄生虫認められず(定期的駆虫はしていましたので)

 

死因の特定はできず

 

最後に、TSEの検査のために延髄採取

 

CIMG9918

 

TSEとは伝染性海綿状脳症(Transmissible Spongiform Encephalopathy)の略で、

めん羊、山羊が感染する可能性があり、

牛と同様異常プリオンが原因と考えられ、牛でいえばBSEのことです

 

最後に各臓器を開いて中身を確認:異常なし

 

CIMG9922

 

水洗してすべて終了

 

CIMG9925

 

3人の獣医師に解剖、検査して頂きました

 

ありがとうございました

 

必ず死因は特定できるとは限らないと言うことも改めて勉強になりました

 

TSEは筑波に送付するので、結果が出るまで数か月待ち

 

今後とも、ヤギまでであれば運べそうなので、お願をしておきました

 

死なないように、飼い主さんにはお願いはしておきますけども

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

 

CIMG9929

 

 

1kgの骨折犬 ③

2018年01月17日 (水)

骨折の手術して、62日目にしてスクリューを抜きます

相変わらずの体重は1.30kg、華奢です

 

一緒に避妊手術をお願いされました

うさぎより小さい犬、1.30kgです

 

抜きました

2597_14473_20180112145256.0

 

本来なら2枚プレート入れた方がよいとされますが、

薄すぎて、細すぎて、無理やり入れるとそこから折れそうでしたので1枚だけ

最上下のスクリューだけは残してこの骨折の治療は完治

再骨折防止のため、プレートは抜かずにこのままでいきます

 

さて、次は避妊手術です

 

 

 

 

 

From                      Oq