部位別症例
> 神経 > 椎間板ヘルニア/片側椎弓切除術①
椎間板ヘルニア/片側椎弓切除術①

背骨(椎骨)と背骨(椎骨)の間に軟骨の椎間板という軟骨ががあります

 

その椎間板が圧迫(逸脱)されて、脊髄神経を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです

 

症状は後肢の麻痺や排尿、排便障害です

 

両後肢麻痺して歩行不可のダックス

 

 

治療はMRI検査や脊髄造影後、ヘルニアの位置を確認し手術となります

 

治療は外科療法のみということではなく、MRI検査に結果によっては内科療法となることもあります

 

脊髄出血をおこしている

 

 

しかし、内科療法でも反応が悪ければ手術をしなければいけません

 

この病気は時間が経過すると治癒率が低下すしますので、早期診断・早期治療が大切です