マイクロチップについて

マイクロチップというのは、15桁の個体番号を標識した、幅2mm・長さ約1cmのガラス製のチップです。それを注射針で肩~背中の皮膚の下に埋め込みます。動物病院や保健所には、そのチップを読み込むためのマイクロチップリーダーがありますので、それを背中に当てると個体番号が表示されます。

 

マイクロチップを入れた後は、日本獣医師会が運営しているAIPO(動物ID普及推進会議)というデータベースに飼い主情報を登録しておきます。そうすると、迷子の犬猫が保護された時に、動物病院や保健所でマイクロチップの個体番号を読み込み、データベースを検索して飼い主にたどり着くシステムとなっております。

 

最近では、ペットショップで購入した犬猫は、ショップで既にマイクロチップを入れられていることがあります。中にはAIPOではなくペットショップ独自のデータベースに登録されていることもあります。そのような場合は、動物病院や保健所で保護された場合にAIPOのデータベースで検索することが出来ないため、残念ながら飼い主情報にはたどり着きません。仔犬や仔猫のワクチンで最初にご来院の際は、ペットショップでもらったマイクロチップに関する書類もお持ちください。

 

 

マイクロチップを入れる方法と料金

当院では、予約制でマイクロチップの埋め込みを行っております。当日在庫がない場合もありますので、マイクロチップを入れる場合は、必ずお電話で問い合わせいただいた上でお越しください。

 

注射針の中を通して入れますので、ワクチンのように背中に注射をする要領で行います。多くの犬猫は問題なく入れることができます。避妊・去勢手術の麻酔下で入れることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

犬も猫も、マイクロチップを埋め込む前に必ず触診や聴診などの診察を行っております。料金は以下の通りとなっております。

 

処置料金
マイクロチップ埋設
¥7,500 (診察料込)

(料金は税抜き)

 

マイクロチップを入れた後に、AIPOに登録する飼い主情報を記入していただいております。お名前や電話番号、E-mailなど、データベースに登録したい情報が分かる方が連れてお越しください。

 

 

海外に動物を連れて行きたい方

海外に犬や猫などの動物を連れて行きたい方は、日本を出るために必要な措置と、相手国に入国するために必要な措置の両方を事前に行っておく必要があります。その中で、多くはマイクロチップの埋め込みが必要となります。

 

詳しくは、日本の動物検疫所のホームページをご覧下さい。入国先の相手国の大使館・領事館にもお問い合わせいただき、入国に必要な条件(マイクロチップ挿入や狂犬病ワクチンなど)を把握した上で、病院にお越しください。

 

短期滞在(2年以内に帰国する場合)や旅行の場合は、狂犬病の発生がない日本国内に帰ってくる準備までしておく必要があります。その場合も、必ず最初にマイクロチップを入れることが絶対条件となります。