チュリップ

2015年03月17日 (火)

冬に植えました、チューリップがグイグイきてます。

 

どうぞ、・・・でも、何かがおかしい、何かが。

CIMG8274 これといい、

CIMG8275 これといい

なんか背が低い。

これはチュリップです、チューリップではない。

 

他を見ますと、

CIMG8272 更に低い、

CIMG8273 どんどん低い

もはや、チリップです。

 

他を見ますと、

CIMG8279 どんだけ咲こうとするんですかー

CIMG8278 もはや葉や茎がありません

もはや、チリプです。

 

CIMG8271 白いチリプ

 

土の栄養か何かの影響なんでしょうね。

 

他を見ますと、

CIMG8276 もはや何かわかりません

チュープと呼ぶことにします。

 

皆さん、病院の庭の花を見て確認して下さい。

 

From                Oq

 

 

 

 

2015年03月15日 (日)

去勢手術に来院しましたが、涙管洗浄も一緒にしました。

流涙症です。

DSC05982 涙で、べちょべちょ

DSC05983 特に左っ

鼻涙管は上下に各1個ずつ、合計4本の管があります。

この管が何らかによって、詰まったり、不全だったり、狭窄だったりすると涙が外に流れ出てしまいます。

 

そこで、涙管洗浄

pic11-9-2 この涙管に水圧をフラッシュ

pic11-9-3 通過すると、鼻から液体が出ます

 

今回4本とも通過しておらず、3本は通過させました。

 

なかなか完治させにくい病気ですので、目薬で軽減して行きます。

 

 

From                   Oq

乳歯

2015年03月16日 (月)

去勢手術にお越しです。一緒に乳歯も抜きました。

DSC05986 上の前歯と犬歯にあります

DSC05985 下には犬歯が残っています

 

歯間に汚れがたまりやすいので抜歯です。

 

DSC05987 一度の麻酔ですべて終わらせましょう

 

 

From               Oq

2015年03月14日 (土)

去勢手術に来院しましたが、臍の手術も行いました。

DSC05989 臍ヘルニア=でべそ

この臍をきれいに除去しました、絞扼されると腸が壊死しますので。

 

ひどい臍ヘルニアの主な兆候は、これだっ

pic10-4-1 臍、やばそうです

 

こうなる前にきちんと予防です。

 

 

From                Oq

 

ダイエット ③

2015年03月13日 (金)

肥満ですかー?この仔が?

っと、肥満に気がつかない、気づいていてあげることができない方が大多数です。

そこでー、

CIMG2381 ここ見て、

CIMG2384 ここを見てっ

 

 

 

 

 

きちんとみるのよ yjimage (2) きちんとみるのよ

 

 

 

 

 

 

参照:マカロニほうれん荘

From                     Oq

ダイエット ②

2015年03月12日 (木)

しかも、

CIMG2377 ⇒ CIMG2378

こうなりーの、

CIMG2379 ⇒ CIMG2380

こうなる。

 

 

肥満は、 yjimage (1)

 

 

From                    Hill’s

 

 

 

ダイエット

2015年03月11日 (水)

肥満児が多いです。

そこで、今回は啓蒙です。

CIMG2372 ⇒ CIMG2373

なのです。

 

しかも、

CIMG2375 ⇒ CIMG2376

らしいのです。

 

 

写真をクリックして大きくして見てください。

 

 

 

image  wow ! なんてこったい

 

 

 

 

From                    Hill’s

 

肥満からの

2015年03月10日 (火)

元気、食欲がなく、尿もれ、痩せてきたという主訴で、はじめてお越しの9歳、去勢済のT・プードルくん。

痩せてきたとは言うけれど、肥満児です。 ニュートリション120% !!

食欲ないとは言うけれど、好物は食べるとのことでしたが・・・わがまま?

尿もれは・・・膀胱炎?

 

色々お聞きしましたが、せめて尿検査をお願いしましたところ、この結果っ

DSC05980  ・・・・・。

糖尿病性ケトアシドーシスです。   からの細菌性膀胱炎。

命の危険性をお話し、抗生物質を投与後、一度お帰りになりましたが、次の日に来院。

 

詳細な血液検査を行い、血糖値は686以上で測定不能 (゜-゜)

点滴入れて、インスリン投与開始。

 

数日は入院です

平行して以下の病気の治療も開始です。

僧帽弁閉鎖不全症 甲状腺機能低下症 乾燥性角膜炎 肝胆障害、高脂血症

 

DSC05981    そんなに睨むなょ

 

教訓

① 尿検査は他の検査同様に非常に大切

② 肥満は万病のもと

 

 

From               Oq

 

てんかん

2015年03月08日 (日)

犬や猫にも癲癇があります。

てんかん様発作と呼びます。

けいれん猫 犬発作 猫てんかん2

伝染病、腫瘍、脳疾患、遺伝など原因は様々です。

MRIや伝染病抗体検査など多角的な検査が必要となります。

 

多くは抗てんかん薬で落ち着きます。

様子を見てはいけません。

病院へご相談をお願いいたします。

 

 

 

 

From                          Oq

また来た、つまってる

2015年03月07日 (土)

またしても、喉に詰まらせた仔が来ました。

今度は助けるぞっっっ、

はい、あーん。

DSC03833 見えたー

 

DSC03834 取れた、取れた

DSC03835 おっ、おっ、

DSC03836 おはじき

 

ウーパールーパーの巻でした

 

水槽には入れないでください。

 

From                Oq