目で見る病気

脊椎骨折/spine fracture

交通事故や、落下事故により脊椎骨折をおこします   骨折部位によっては、下半身麻痺や死亡することがあります   猫の交通事故   ズレた背骨   脊椎にプレートを入れ固定手術が必要… もっと読む »

てんかん様発作/seizures

動物にもてんかん様発作はあります   発作中の猫   原因は脳疾患(脳腫瘍、水頭症、頭部寄生虫、頭部外傷など)や不整脈、肝疾患、腎疾患、腫瘍など様々です そのため、血液検査や、尿検査、心電図検査、超音… もっと読む »

膿皮症/pyoderma

皮膚表面には常在細菌がいます   皮膚の免疫力で、その細菌感染を防止しています   しかし、アレルギーや免疫抑制状態(老齢、ストレス、肥満、脂漏症など基礎疾患)あると皮膚のバリアーが崩れて、その常在細… もっと読む »

椎間板ヘルニア/片側椎弓切除術③

椎間板ヘルニア手術は、椎骨の脊髄神経を守っている骨のトンネル(椎弓)を切除する手術です   星:椎弓、その左側が切除されている 三角:逸脱した椎間板 黒線:線下が脊髄神経     三角印の逸… もっと読む »

椎間板ヘルニア/片側椎弓切除術②

MRI検査で椎間板ヘルニアで外科的治療が診断がつくと、全身麻酔し脊髄造影検査をすることがあります     横縦撮影/矢印間には造影剤がありません       縦斜位撮影/… もっと読む »

椎間板ヘルニア/片側椎弓切除術①

背骨(椎骨)と背骨(椎骨)の間に軟骨の椎間板という軟骨ががあります   その椎間板が圧迫(逸脱)されて、脊髄神経を圧迫する病気が椎間板ヘルニアです   症状は後肢の麻痺や排尿、排便障害です &nbsp… もっと読む »

痴呆

同じ所をくるくる回ったり、隅に行って戻れなくなったり、夜鳴きなどが主な症状です  

床づれ/褥創

立てなくなり、寝がえりさえできなくなると床づれがおきます  

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンが不足しているため脱毛や皮膚感染症、 体温や動作、内臓の動きなどの代謝が著しく低下する病気です  

腸穿孔

腸に穴が開くことです 原因は腫瘍や異物が多いです