慢性腎臓病

2019年02月09日 (土)

こんにちは!

田中です。

 

今回もモウちゃんです😊

 

 

先日お伝えしたとおり、モウちゃんは慢性腎臓病です。

毎日投薬をしてますが、それでも脱水症状になっていきます。

そのため、週2回、体の水分を補うために皮下点滴を行っています。

 

 

このような点滴液を背中の皮下に入れて、一日かけてゆっくり吸収するようにします。

 

 

点滴をすることで、食欲が増したり、活動的になったり、生活の質が向上します。

 

高齢動物は、腎臓の機能が落ちてくると、水をよく飲むようになり、尿量も増えます。

慢性腎臓病かどうかは、血液検査や尿検査、超音波検査などで判断できるので、心当たりのある方は、一度検査されることをおすすめします。

慢性腎臓病は完治しない病気ですが、病気を早めに発見することで、点滴やお薬などの対処ができるようになり、生活の質を向上させることができます。

 

 

動物が、しんどそうに生活してるより、楽しく元気にしてるほうが良いですよね😄

元気に長生きしてもらうために、しっかりサポートしていきましょう!

日清キドニーキープにウェットが登場!

2018年12月24日 (月)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

年内の営業は、今年も12/29(土)までとなっております。

お薬やフードが年末年始に不足しないかどうか、今一度ご確認をお願いいたします。

 

さて、ネコちゃんは腎臓の病気がとても多く、3頭に1頭は腎臓病になる…とも言われます。

そのため各フードメーカーは、慢性腎臓病用のフードにはかなり力を入れて商品開発をしています。

 

腎臓病の猫ちゃんには、ヒルズやロイヤルカナン、ドクターズダイエットなどのサンプルをお渡ししていますが、それでも食欲が落ちて食べないのが腎臓病。

そんなときには、私は第4の選択肢として日清の『キドニーキープ』を推奨しています。

キドニーキープは日本のネコちゃんが好む「魚」を原材料に、国産材料で嗜好性にこだわって作ったMade in Japanのオススメのフードです。

 

 

 

ドライフードは2種類あります。

まずはふつうの『キドニーキープ』

キドニーキープ500g ¥1,440(税込)

 

 

かなり食欲が落ちてしまった猫ちゃんには秘密兵器として、『キドニーキープ(リッチテイスト)』もあります。

キドニーキープ・リッチテイスト200g(25g×8パック入)¥756(税込)

 

ふつうのキドニーキープに加えてさらに+3種のうまみパウダーを添加してますので、抜群に食べます!

また、25gずつ小分けになっていますのでいつでも新鮮で、袋を開けたての味と風味が猫ちゃんの食欲を刺激します。

 

 

 

そんなキドニーキープのシリーズに、今回ウェットフードが仲間入りしました!

キドニーキープ・ウェット30g ¥162(税込)

 

 

ウェットフードといっても、いわゆる缶詰などとは違います。

ドライ+αのトッピングとして、あるいは食欲がかなり落ちている子の栄養補給といった位置づけでしょうね。

イメージとしては、いなばのちゅーる(まぐろ味)の腎臓病バージョンとでも言いましょうか。

(腎臓に配慮してタンパク質やリンを制限して作られていますので安心してあげられます。)

 

まぐろ味ちゅーるのよう

 

当院の高齢猫トリオにも早速与えてみましたが、みんな残した朝ごはんには目もくれずあっという間に完食しましたので、かなり美味しいんでしょうね~

 

 

腎臓病と言われたけども、うーん。。。何も食べてくれない・・・

とお困りの際には、一袋から購入できますので、ぜひお試しくださいね。

 

フィラリア予防は最後まで♪

2018年12月18日 (火)

こんにちは!
動物看護師の深町です😄

今年も残り少し…
皆さんの今年1年はいかがでしたか?
私の1年はこのブログを書きはじめたことが一番大きな出来事ですねー!
「ブログで見たんだけど…」とお声をかけてくださる方も多く、とてもやりがいを感じています( ´∀`)
私が書いた記事が少しでも皆さんの力になっていたら嬉しいです(^^)!
来年もためになる情報をわかりやすくお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!!!

\よろしくおねがいします☆/

さて、そろそろ本題に移りますね。

今回はフィラリアのお話です!
もう、寒くなってほとんど蚊も見ないし必要ないでしょ?って思った方、要注意です😲

フィラリアの予防は蚊がいなくなってからの最後の一回の予防が大切なんです‼

どうして寒くなって蚊がいなくなくても予防しないといけないのでしょうか?
それはフィラリアのお薬の仕組みに秘密があります!

\実は…/

フィラリアのお薬…
飲んで1ヶ月間効果が続く薬ではないのです!!!

フィラリアの薬は前回飲んだ日から1ヶ月間で体内に侵入したフィラリアの幼虫を1日で駆除するものなのです!!

フィラリアの幼虫は体内に侵入してから心臓や肺の血管に移動する準備ができるまでにおよそ2ヶ月かかります。
心臓等に移動してしまうと駆虫薬では駆除することができません。
移動する準備ができる前に駆除することが大切なのです☆

\だからキリの良い1ヶ月おきの予防が必要なのね!/

また、蚊は気温が15℃以上あれば活動すると言われています。
例年通りですと福岡は11月下旬頃まで15℃以上の日があります…
12月に蚊がいなくても体内には11月にフィラリアの薬を飲ませたあとに体内に侵入したフィラリアの幼虫がいるかもしれないのです🙀
なので蚊の活動のある時に感染した分を最後、12月下旬~1月上旬でのフィラリアのお薬で駆除して初めてフィラリアの予防が完了します(*´∀`)b゚

特に今年の福岡の気温を見てみると12月4日には最低気温18℃で最高気温が25℃を超えていました。
ホントに12月?と言いたくなる気温でしたね…💦
きっと蚊もよろこんで元気に飛び回っていたのではないでしょうか…。

この『蚊がいなくなってからもう1ヶ月後の予防』が大切な鍵になります🔑

もっと詳しくフィラリアについて知りたい方はこちらから
フィラリアについて

折角しっかり予防してきたのですからあと一回最後まで忘れずに予防してフィラリアを撃退しましょう!!

\ぐっばいふぃらりあ!/

しょうゆ差しが、猫の命を救う?!

2018年12月15日 (土)

★病院からの年末年始のおしらせです★

①診療時間の変更
明日12月16日は両院ともに17:30診療受付終了です。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

②年末年始のおしらせ
年末年始の12月30日(日)~1月3日(木)休診日となります。
また、フード、薬等を注文している業者さんも休業になります。
フード、お薬等のご注文はお早めにお願い致します。


こんにちは☃
動物看護師の深町です★

\も~、い~くつ寝ると~♪/

先日、患者さんからスタッフにふりかけをいただきました!
毎日お弁当なのですごくありがたいです( *´艸`)

綺麗な入れ物で使うのがもったいないですが大切に使わせていただきます!
いつもお心遣いありがとうございます♡

今回のタイトル、どういうこと?と思われましたか?
実は院内でこのような取り組みをしております(^◇^)

どこにでもあるような小さなしょうゆ差し。
その使い方で、ネコちゃんの一生が変わるかもしれません。

病気にかかるネコちゃんの内、
約50%が腎臓病をはじめとした泌尿器系の疾患だと言われています。
症状が出る前に発見する鍵は、定期的な尿検査。
必要なのは、しょうゆ差しに入る程度のおしっこなのです。

大切なネコちゃんのための簡単な習慣。いますぐ始めませんか。

猫の腎臓病は猫全体で10%、高齢猫に絞ると33%の確率で発症します。
また、慢性腎臓病による死亡率は毎年約40万頭といわれています。

これらを早期発見するために尿検査をしてみませんか?
このしょうゆ差しを使用すると病院にネコちゃんを連れてこれなくても簡易検査が可能です!
検査結果次第ではさらに詳しく検査する必要がある場合があります。
その際はネコちゃんも連れてきていただくことになります。

~使い方~


①A~Dのいずれかの方法でおしっこをさせます
Aシステムトイレの底のシートを外し、トレイにおしっこを溜める
Bトイレにラップを敷く
C猫砂を少なくする
Dおたま等で受け取る
※採尿に用いるものは出来るだけ清潔な状態にしておいてください


②排尿から3時間以内に採尿キットでおしっこを取る
必ず新品のものを使用してください。


③病院に持っていく
採尿後なるべく早くお持ち下さい。
採尿後6時間以内に持ってこれない場合は冷蔵庫に保管しできるだけ早くお持ちください。

このような入れ物の中にしょうゆ差しと説明のリーフレットが入っています!
もちろんワンちゃんの尿検査にも使用できます^^

しょうゆ差しで出来るなんて素敵なアイディアですよね!!
ちょっとした工夫で病気の早期発見につながります。
一度試してみてはいかがですか?

健康だからこそ★

2018年11月24日 (土)

こんにちは✿
動物看護師の深町です(*☌ᴗ☌)。*゚

寒い日々が続きますね…
そろそろもこもこの洋服を出してこないとですね!!

\ぬくぬくぬくぬく♡/

だよりちゃんもこんな状態です…笑

さて、本題に入りましょう!

みなさん、いち早く異変に気付くために最も必要なことって何だと思いますか?

動物の病気の症状を知ること?
でもこれは1番ではありません!
もちろん知っておいて損はないと思いますが同じ症状でもたくさんの病気の可能性があります。
それを特定判断するのは獣医師のお仕事です。

何が一番大切か…

それは普通を知ることです(*゚∀゚)!

★お家でできること
★病院でできること

この二つに分けてお伝えします。

お家でできることは普段の行動、普段の状態などを知ることです。

病院に来る理由のなかでもいつもと○○が違うというものが多いのです。
動物はしゃべってどこが痛い等伝えられないのでいつも見て側にいる飼い主さんがちょっとした異変に気付いてあげなくてはならなりません。
なのでその子にとっていつもの当たり前を知ることは大切なのです!!
そして、いつものお家での様子を獣医師に伝えられるのは飼い主さんだけです。

病院では健康診断を通して普通の状態を知ることで自覚症状がない病気や様々な病気の早期発見ができます!

・動物は痛みや不調を隠し、平気なフリをする事があります
・種類ごとの基準はあっても、その中に個体差というモノがあります
健康な時に健康診断をすることでその子の普段の数値や状態が分かります。
そして1年に1度など定期的に行うことで症状が出て重症化する前に異変に気づくことが可能になります!

もっと詳しい説明はちょびちゃんの言葉をクリック!
健康診断について🐾/

もし普段検査をしていなくて何か調子が悪いそんな時に数値的には基準値の範囲内かもしれません。
しかしその子にとっては大幅に数値が異なっているため調子が悪いこともあります。
逆にずっと悪い数値で慢性化し体が慣れてしまって症状にはっきりとでないということもあります。

わかりやすく例を出して説明します。
人の平熱の基準 36.5℃前後
臨床的にみた発熱の基準 37.5℃ となっています。

AさんとBさんが熱っぽいと思って体温を測ると
Aさんは37.5℃、Bさんは36.5℃でした。

数値だけでみるとBさんは熱は出てないようにみえます。
気持ちの持ちようだ!なんて言われてしまうかもしれません(´;Д;`)

しかし二人の平熱を知ると見方が少し変わって来ると思います…

Aさんの平熱は36.5℃、Bさんの平熱は35.5℃です。

平熱を知っていて改めて先程の熱っぽい時の体温をみると二人とも平熱より1℃も高いことがわかります!
平熱を知らずに数字だけで見たときにBさんの異常には気付けないですよね…

数値等の普通を知るためにも健康な時からの健康診断が大切なのです★

健康な状態を知ることは、少しでも早くペットからのSOSを受け取る為の大切な準備です(*´◒`*)

\一度、健康診断を受けてみませんか?/

乾燥する時期の皮膚対策に~デルモセントシリーズの取扱いを始めました!

2018年11月09日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

近隣の街路樹もだんだんと色づいてきましたね。

けやき通りや大濠公園、舞鶴公園など…病院の近所ながら、とても素敵な場所です。

そういう風景を眺めながらのんびりワンちゃんの散歩もステキですね~

けやき通り入口 護国神社 紅葉

火曜日に豊浜→けやきの移動中の車窓から見える風景を描いてみましたよ!?

 

さて、近頃は気温も下がってますが、空気も非常に乾燥してきました。

風邪など引かぬよう体調管理も大切ですが、ヒトも動物もお肌の乾燥対策が必要な季節となりましたね。

 

ワンちゃんのシャンプー剤も、最近では一年中一緒のものを使うのはダメで、季節ごとに変える必要があると言われます。

少なくとも、夏のジメジメした時期と、冬の乾燥した時期では、それぞれに合ったシャンプー剤を選んだ方が良いということです。

 

乾燥するこの時期にオススメの皮膚にやさしいシャンプーは、以前に看護師の田中が紹介してくれた『アフロートシリーズ』や、体の大きな子には大容量入りでコスパ抜群の泡シャンプー『モイスト泡シャンプー』がオススメですよ!

詳しくは看護師・田中に聞いてあげてくださいね!

 

 

さて、今日私から紹介させていただくのは、

週1で背中に1ヶ所つけていただくだけで手軽にできる乾燥肌対策!

 

の商品です。以前から商品としてはありましたが、このたびオークどうぶつ病院けやきで取り扱いを開始しました。

久々の長編となっておりますので、ご興味がある方のみご覧ください。

 

 

 

これまでも皮膚ケアのセラミド入り乳液のような製品を皮膚が弱い子に処方しておりましたが、何か所もたくさんつけないといけないのが手間でした。

この商品の良いところは、ノミダニ予防のフロントラインのように、肩のところに1ヶ所につけるだけで全身に広がるというところですね。

 

皮脂腺に入り込んで全身に広がるため、シャンプー後のきれいな肌には使用できません。

むしろシャンプーができないような猫ちゃんやウサギにも使用可能というところが優れものです。

太った猫ちゃんで、背中がフケだらけで相談を受けることがたまにありますが、シャンプーできればベストだけどなぁ…でも難しいよなぁ…と思いつつ、なかなか推奨できる製品がありませんでした。

病院の猫ちゃんにも週1でつけてますが、数週間でフケが減ってることを実感しております。(シャンプーはせずブラッシングのみで)

ウサギでも、ツメダニもいないのにフケが出る子がたまにいますが、ウサギにも安心して使える商品ですから、シャンプーができない子のフケ対策としてオススメできる製品です。

 

スポットした翌日に、ブラッシングだけはしてあげてくださいね~

 

ティーツリーオイルなどのハーブ系の香りがぷーんと漂いますが…それは飼い主さんの好み次第でしょうか。。。

 

皮膚バリアに重要な必須脂肪酸の役割

 

どういうワケでフケや皮膚状態を改善するのかというと、皮膚バリアを構成する必須脂肪酸を直接皮膚に補給する製品だからです。

必須脂肪酸の中には、皆さんもチラッと聞いたことがあるかもしれませんが、ω3系脂肪酸(魚油や亜麻仁油など)やω6系脂肪酸(ゴマ油やひまわり油など)etc..があり、皮膚病の対策としては、その摂取する比率が重要とされています。

 

デルモセント・エッセンシャル6ピペットは、植物由来の天然の必須脂肪酸を、ω6:ω3=4:1という黄金比で含有しています。

皮膚用の必須脂肪酸サプリやアレルギー用フードも、実はこういった比率で必須脂肪酸を含むように設計されて作られているのですが、毎日飲ませたりフードを変更するのは大変ですよね。

手軽にスポットして皮膚に直接届けるという意味では大いに期待できる製品と言えます。

 

 

 

最近このシリーズを使い始めたのには、理由があるんですね。

 

例えば膿皮症や外耳炎という病気…病気が再発するたびに薬を処方されて。。。また再発したら薬…

 

そうではなく、治癒した後に再発させないように皮膚ケアをして予防できればなぁ…薬を飲ませる頻度が少しでも減らせればいいなぁ…自分の自然治癒力・免疫(バリア)機能をアップできればなぁ…

 

そういういったことを日々考えながらトライしています。

そんな中でデルモセントシリーズに新しいラインナップが登場しましたので、また今度はそちらのお話でもしましょうね。

小さい『ぃ』を忘れずに★

2018年09月28日 (金)

こんにちは★
動物看護師の深町です(‘ω’)

急に寒くなってきましたね…
体調の変化には要注意です!

今回はまたまたお誕生日ブログです^^
9月のお誕生日の子は…

\ぼくだよ~/

\2歳になったの!!/

西区豊浜勤務のぃまーず君です!!!
小さい『ぃ』はあまり発音しません!笑
いつもいるお部屋だと甘えん坊だけど
お部屋から1歩出ると超絶ビビりちゃんρ(・ω・、)
少しでも目を離すと自分の部屋に一目散です🏃💨

撫でてもらうのはどこでも大好き♡

\顔も好きー♡/

\おしりもすきー♡/

お部屋で撫でてるときは
私の手を咥えて
奥に連れて行こうとされます…笑

\こっちいくよー!/

時々甘噛みついでに
奥歯でちょっと強めに噛まれるのが悩みです…
地味に痛い( ;∀;)

心を許しているのはちょびにだけ♡
他の猫ちゃんにはシャーっていっちゃいます(#^ω^)

\喧嘩するほど/

\仲がいい♡/

まだまだ長い猫生。
いっぱい楽しんでね!

これだけは忘れないで!
\小さい『ぃ』が大事なんだからね!/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♡♡ボーナストラック♡♡


まだお顔が細い頃…笑
きりっとしてた子猫時代(=^・・^=)


他の猫と遊んでた頃…
この時のようにみんなで楽しく遊んでくれたらとつくづく思います(´ω`)

どんなぃまーずも可愛いんですけどね♡

 

きれいな歯のために‼‼‼~実践編~

2018年09月19日 (水)

こんにちは(*’▽’)
動物看護師の深町です!

この間広島にいってジブリ大博覧会見てきました!

\ひろしま行き~♪/

ネコバスだけ撮影OKでした!
子どもが多かったので顔にモザイクかけてます。。。
裏話などを見れてすごく楽しかったです(*‘∀‘)

はい、おまたせしました!
今回はデンタルケアの実践編です🐾
前回、前々回のブログを見てない方はこちらから
きれいな歯のために‼~勉強編~
きれいな歯のために‼‼~ケア編~

勉強編から順番に読んでいただくとわかりやすいかと思います‼

それでは本題に入ります★

まず歯ブラシの慣らしかたです!
口に触ること~歯磨きすることまでのトレーニングです。
いきなり歯ブラシを使うと嫌がってしまうかもしれないので指を使って徐々に鳴らしてきます。

🌺ステップ1🌺
口を触れるようになろう🐩

\お口タッチ/

①ご褒美を用意します
②ご褒美に集中している間に口を触ります
③大人しく触らせてくれたらご褒美をあげます
④口を触ることに慣れてきたら同じようにご褒美を用いながら唇をめくる練習をします

🌺ステップ2🌺
指で歯や歯肉に触られるようになろう🐩

\唇めくってタッチ/

\奥の歯もタッチ/

①ご褒美を用意します
②ご褒美に集中している間に歯や歯肉を触ります
③大人しく触らせてくれたらご褒美をあげます

この時にご褒美を歯みがきペーストなど美味しい味のついたものを指につけて行うとスムーズに触らせてくれるかもしれません(*’ω’*)

ここまでできるようになると病院での診察時にお口の中のチェックも行いやすくなるのでこちらも助かります★

🌺ステップ3🌺
歯ブラシを使って歯みがきをしよう🐩

①歯ブラシへの恐怖心をなくすために歯ブラシを少しでもあてれればご褒美をあげます
②歯ブラシへの恐怖心や抵抗がなくなったら徐々に歯ブラシをあてる時間を増やします
③歯ブラシに慣れてきたら磨きやすい犬歯や前歯から磨き、徐々に奥の方まで磨いていきます

この時も歯みがきペーストなど美味しい味のついたものを歯ブラシにつけて行うとスムーズに磨けるかもしれません(^^)/

このような順で慣らしていきます。
はじめは短い時間から、徐々に時間を伸ばしていきます。
一日ですべてのトレーニングを行うわけではなく、一項目を何度も繰り返し、徐々に慣らしていって下さい。
慣れてきたら次に進んできます。
目標時間などを設定しそれを目標にするとやりやすいかもしれませんね!

\ご褒美を忘れずに!/

ご褒美におやつを用いる際は何度もおやつをあげることになります。
大きいものは小さくちぎったり、小粒のものにすることをおすすめします。
おやつをあまり食べない子は普段食べてるご飯を使ったり、好きなおもちゃを使ったり、たくさん褒めてあげたりとその子が嬉しいと思うようなことをしてあげてください。
口を触られる事、歯磨きする事=嬉しいことがあるというのを覚えさせ歯みがきを好きにしましょう(^◇^)

🌺歯を磨くときのコツ🌺
歯の表面だけでなく歯肉との隙間まで磨くことが大切です。
真横から磨くのではなく歯ブラシを斜めにして磨くと隙間まで磨くことができますd(´∀`)

 

次は歯みがきガムのあげ方です(*’▽’)
しっかりと噛んで食べてくれる子はそのままで大丈夫です。
今回は噛まずに飲み込んでしまう、同じ方向でばかり噛んでしまう時の対処法をお伝えします!

〇丸飲みしてしまう時
歯みがきガムを持ってあげて飲み込まずしっかり噛めるようにしましょう。

〇同じ方向でばかり噛む時
歯みがきガムをもって少しずつ場所を移動させて噛む場所を変えてあげましょう。

\勢いで手を噛まれないように注意!/

 

いかがだったでしょうか?
出来そうなものからトライしてみてください!
少しでも皆様のお力になれたら幸いです(*’ω’*)
今回を持ちまして「きれいな歯のために」のコーナーおしまいです!
読んでいただきありがとうございます★
きれいな歯で素敵な生活を送れますように…♡

 

\最後まで読んでくれてありがとう♡/

 

猫を極める

2018年09月16日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

 

先日、待望の新刊書籍が発売されたので、「待ってました!」とばかりに購入しました。

 

 

スタッフみんなで回し読みして、ただいま鋭意勉強中であります。。。

 

猫は犬とはまったく違う動物です。

そして病院が大嫌いです。

入院なんてとんでもないです。

そんな猫ちゃんたちにとって、居心地がよい病院・スタッフになるために、みんなで少しずつ勉強して行きたいと思っています。

 

 

さて、火曜日にオークどうぶつ病院に行った際には、待合室の本棚でこんな本も見つけましたよ。

 

 

きっとOq院長の趣味でしょうね。とても面白い本見つけました。

おっと。。。ちょっとだけ浮気しちゃいました…

 

しっかり『猫も極めて』いきたいと思います!

猫ちゃんのストレスって🐾~『pHコントロール+CLT』キャンペーン

2018年08月17日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

先日、アレルギー用フードの1+1キャンペーンのお知らせをしましたが、今回はその第2弾となります。

オークけやきの待合室に、もう1枚『猫ちゃんのストレス』に関するポスターも掲示しております。

 

猫ちゃんのストレス ロイヤルカナン pHコントロール+CLT

 

猫という動物は、非常にストレスを感じやすい動物です。

お引越しをしたときや、新しく家族が増えたりした際に、猫ちゃんの行動に変化があらわれることは皆さん経験があることだと思います。

動物病院でも、ペットホテルで猫ちゃんをお預かりした際に、ご飯は食べないし、おしっこ・ウンチをガマンしてじっとしている・・・なんてことはよくあることです。

 

一般的にネコちゃんへのストレスは、1頭よりも多頭で飼われている猫ちゃんに多く、その中でも「自分の落ち着ける居場所が確保できない」弱い立場の猫に多いと考えられていますが、ストレスの感じ方には個体差があります。これは生まれ持った性格や、子猫の時期の社会化と関係があるようです。

 

猫ちゃんが強いストレスを感じたときに、それが問題行動につながるケースもあります。

尿スプレー(おしっこをあちこちに引っ掛ける)や、猫どうしが相性が悪くなりケンカをするなどの行動は、猫ちゃんが強いストレスを感じている証拠です。

 

キャットストレス.com

興味を持たれた方はこちらのサイトをご覧ください

キャットストレス.com

 

また、以下のような病気・疾患は、猫ちゃんへのストレスが原因の1つとしても考えられてます。

・頻尿や血尿などの症状(特発性膀胱炎)

・下痢や嘔吐、便秘などの消化器症状

・過剰なグルーミングによる脱毛やただれなどの皮膚症状

・食欲不振

・食べ過ぎによる肥満  etc..

 

ロイヤルカナンのフードのキャンペーン

 

そこで、今回アミノペプチドフォーミュラに引き続いて、ロイヤルカナンの『pHコントロール+CLT』というフードのキャンペーンを行ないます。

 

pHコントロール+CLT

 

このフードは、猫ちゃんの特発性膀胱炎という病気に対応したフードとして新発売しました。

特徴としては、加水分解ミルクプロテインという、猫ちゃんのストレスを和らげる成分を配合しております。

猫のストレスに対してジルケーンというサプリメントがありましたが、それとほぼ同じ成分をフードに配合した優れものの商品です。

 

このため、血尿や頻尿などの病気の症状を改善するだけではなく、猫ちゃんのストレスによる問題行動の治療としても有効なケースが多数報告されてきております。

 

今回、ロイヤルカナン・共立製薬さまにご協力をいただきまして、製品500gを1つ購入していただいた方に、もう1つ差し上げるキャンペーンをさせていただくことになりました。2袋を1袋分の¥1,862(税抜)でご購入いただけます。

 

5kgの猫ちゃんに与える量が1日70gですので、500g+500g=1kgあれば、2週間分となりますね。

ネコちゃんの問題行動に対しての効果も、先日のアミノペプチドと同様に、2週間以内という早い段階で効果が出ますので、気になる方はぜひお試しください!

 

※ キャンペーンは限定数となっておりますので、なくなり次第終了となります。

※ 本キャンペーンは500g製品のみとなります。2kg製品では行っておりませんので、ご注意ください。

→予定数に達しましたので、1袋プレゼントキャンペーンはご好評につき終了いたしました。

フードの販売は引き続き行っております!

 

例えばこんなネコちゃんに効果がありました

 

・多頭飼育で他の猫に対しての攻撃性があったネコちゃん→フード変更後3~4日で攻撃性がなくなった

・トイレ以外のところでウンチをする(同居猫とのストレスが関与と考えられる)→毎日行われていたウンチの失敗が月1回程度に減少した

・トイレ以外のところでおしっこをする(病院の検査では特に尿に異常なし)→フード変更後数日で症状が改善

・体のあちこちを過剰にグルーミングし、お腹や足がツルツルに脱毛していた→フード変更後2週間でなめる頻度が減り、2ヶ月後には毛が生えそろった

 

このように、攻撃性、トイレの失敗、過剰グルーミングや、大きな声で鳴くなどの様々な問題行動に対して効果があったケースが報告されています。

猫ちゃんの問題行動により、飼い主さんも精神的に思い悩んで…ということも多々あると思います。

猫ちゃんのお困りの症状に、あるいはストレスを感じやすい神経質な猫ちゃんに穏やかな暮らしを送ってもらうために、ロイヤルカナン『pHコントロール+CLT』をぜひお試しください!