お散歩バッグプレゼント🎁

2019年04月04日 (木)

こんにちは😸
動物看護師の深町です☆

先日新しい元号の発表がありましたね!

\令和!/

これがしたかっただけです…笑

暖かくなっておさんぽ日和になってきました( ^ω^ )

こちらの2頭はまだ引きこもりがち…笑
\\2人で寄り添っていた方が暖かいんだもん!//

さてさて今回はプレゼントのお知らせです!
フィラリアの検査またはフィラリアのお薬をお求めの方にこちらのお散歩バッグをプレゼントしています😆

○各色数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます

新しいお散歩バッグで楽しくお散歩しましょう🐾

\走るぞ〜💨/

フィラリア予防START!!

2019年03月26日 (火)

こんにちは(^▽^)/
動物看護師の深町です🐩

だんだん暖かくなってきましたね!
桜も徐々に咲き始めていますね🌸

\ポカポカで眠たぁい☀/

さてさて、今年も徐々にフィラリア(蚊から媒介される寄生虫)の検査が始まっています(*’▽’)

フィラリア予防のためのお薬を処方する前に、病院での血液検査が必要になります。
※生後6 ヶ月未満の仔犬は、フィラリアに感染している確率が限りなく低いため、フィラリア検査をせずに予防薬をお渡ししております。

もっと詳しく知りたい方は下のリンクから(^^♪
🌸イヌネコフェレット🌸

このような予防開始のハガキも順次送らせていただいてます😁

今年もしっかり予防して元気に過ごしましょう☆

\\たくさん遊ぶぞ~♪//

インフルエンザがうつる!?

2019年01月10日 (木)

こんにちは!
動物看護師の深町ですฅ(ミ・ﻌ・ミ)ฅ

\今年もよろしくお願いします♡/

インフルエンザ流行っているみたいですね😷
皆さんは大丈夫ですか?
私はここ2年連続で罹っているので今年こそ罹らないように気をつけないとです(¯―¯٥)

流行っているこのインフルエンザ。
人からうつってしまう動物がいることをご存知ですか?

ここでクイズです!
次のうち、人のインフルエンザに感染してしまうのはどの動物でしょうか?
①イヌ
②ネコ
③ウサギ
④フェレット

正解は…










④フェレット

です!

☆フェレットのインフルエンザについて☆

人→フェレット、フェレット→人のどちらも感染経路としてはありますが、多くは人→フェレットのパターンです。
だだし感染率は人→人よりも低くなってます。

感染すると…
鼻水発熱食欲不振涙目など人が感染した時と同じような症状が出ます。
免疫力の低い幼若齢、高齢のフェレットは重篤化しやすいです。

しかし人のようなインフルエンザワクチンはなく、罹ってしまった際の抗ウイルス剤もありません。
なのでインフルエンザに罹ってしまった場合は脱水に対する対症療法などが主となります。

予防や治療があまりないフェレットのインフルエンザ
最も大切なことは飼い主さんがインフルエンザにかからないことです‼

もし飼い主さんがインフルエンザに罹ってしまった場合
・治るまではフェレットに接触しない
・お部屋を隔離する
などフェレットにうつらないような環境作りが大切になります。

\うつらないようにすることが大切なのよ!/

飼い主さんもペットも健康体でこの冬を乗り切りましょう(*・ω・*)o

乾燥する時期の皮膚対策に~デルモセントシリーズの取扱いを始めました!

2018年11月09日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

近隣の街路樹もだんだんと色づいてきましたね。

けやき通りや大濠公園、舞鶴公園など…病院の近所ながら、とても素敵な場所です。

そういう風景を眺めながらのんびりワンちゃんの散歩もステキですね~

けやき通り入口 護国神社 紅葉

火曜日に豊浜→けやきの移動中の車窓から見える風景を描いてみましたよ!?

 

さて、近頃は気温も下がってますが、空気も非常に乾燥してきました。

風邪など引かぬよう体調管理も大切ですが、ヒトも動物もお肌の乾燥対策が必要な季節となりましたね。

 

ワンちゃんのシャンプー剤も、最近では一年中一緒のものを使うのはダメで、季節ごとに変える必要があると言われます。

少なくとも、夏のジメジメした時期と、冬の乾燥した時期では、それぞれに合ったシャンプー剤を選んだ方が良いということです。

 

乾燥するこの時期にオススメの皮膚にやさしいシャンプーは、以前に看護師の田中が紹介してくれた『アフロートシリーズ』や、体の大きな子には大容量入りでコスパ抜群の泡シャンプー『モイスト泡シャンプー』がオススメですよ!

詳しくは看護師・田中に聞いてあげてくださいね!

 

 

さて、今日私から紹介させていただくのは、

週1で背中に1ヶ所つけていただくだけで手軽にできる乾燥肌対策!

 

の商品です。以前から商品としてはありましたが、このたびオークどうぶつ病院けやきで取り扱いを開始しました。

久々の長編となっておりますので、ご興味がある方のみご覧ください。

 

 

 

これまでも皮膚ケアのセラミド入り乳液のような製品を皮膚が弱い子に処方しておりましたが、何か所もたくさんつけないといけないのが手間でした。

この商品の良いところは、ノミダニ予防のフロントラインのように、肩のところに1ヶ所につけるだけで全身に広がるというところですね。

 

皮脂腺に入り込んで全身に広がるため、シャンプー後のきれいな肌には使用できません。

むしろシャンプーができないような猫ちゃんやウサギにも使用可能というところが優れものです。

太った猫ちゃんで、背中がフケだらけで相談を受けることがたまにありますが、シャンプーできればベストだけどなぁ…でも難しいよなぁ…と思いつつ、なかなか推奨できる製品がありませんでした。

病院の猫ちゃんにも週1でつけてますが、数週間でフケが減ってることを実感しております。(シャンプーはせずブラッシングのみで)

ウサギでも、ツメダニもいないのにフケが出る子がたまにいますが、ウサギにも安心して使える商品ですから、シャンプーができない子のフケ対策としてオススメできる製品です。

 

スポットした翌日に、ブラッシングだけはしてあげてくださいね~

 

ティーツリーオイルなどのハーブ系の香りがぷーんと漂いますが…それは飼い主さんの好み次第でしょうか。。。

 

皮膚バリアに重要な必須脂肪酸の役割

 

どういうワケでフケや皮膚状態を改善するのかというと、皮膚バリアを構成する必須脂肪酸を直接皮膚に補給する製品だからです。

必須脂肪酸の中には、皆さんもチラッと聞いたことがあるかもしれませんが、ω3系脂肪酸(魚油や亜麻仁油など)やω6系脂肪酸(ゴマ油やひまわり油など)etc..があり、皮膚病の対策としては、その摂取する比率が重要とされています。

 

デルモセント・エッセンシャル6ピペットは、植物由来の天然の必須脂肪酸を、ω6:ω3=4:1という黄金比で含有しています。

皮膚用の必須脂肪酸サプリやアレルギー用フードも、実はこういった比率で必須脂肪酸を含むように設計されて作られているのですが、毎日飲ませたりフードを変更するのは大変ですよね。

手軽にスポットして皮膚に直接届けるという意味では大いに期待できる製品と言えます。

 

 

 

最近このシリーズを使い始めたのには、理由があるんですね。

 

例えば膿皮症や外耳炎という病気…病気が再発するたびに薬を処方されて。。。また再発したら薬…

 

そうではなく、治癒した後に再発させないように皮膚ケアをして予防できればなぁ…薬を飲ませる頻度が少しでも減らせればいいなぁ…自分の自然治癒力・免疫(バリア)機能をアップできればなぁ…

 

そういういったことを日々考えながらトライしています。

そんな中でデルモセントシリーズに新しいラインナップが登場しましたので、また今度はそちらのお話でもしましょうね。

血を吐いた

2018年03月04日 (日)

と言う主訴はとても多い

 

お聞きすると、薄いピンク色やちょっとの赤など

 

1回くらいではおおごとにはなりにくいですが、

 

今回は種類が違う

 

 

 

こっちをむいてくれます

 

フタアゴヒゲトカゲくん

 

 

口の周りには、跡があります

 

 

 

 

しかし、吐いたらしいのは昨日のお昼・・・

 

1日経っていますので血は止まっているようです

 

コオロギの硬いところが口に当たった??

 

 

はい、あ~んして~

 

 

貧血?

 

もともとこんな淡い口の色?

 

上向いて~

 

 

 

 

下向いて~

 

 

 

 

やはり舌の色が淡い・・・

 

栄養強化指導

 

口腔内奥は血の残りがありました

 

 

しかし、食欲、元気もあり、スクラルファート処方

 

 

 

 

 

 

数日黒い便が出るかもしれませんが要観察で自宅療養です

 

 

 

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

 

 

 

 

75℃

2018年02月26日 (月)

 

温浴の温度にしては、キツイ

 

一瞬と言うことでしたが・・・

 

 

手のひらは水ぶくれ

 

手の甲は大丈夫ですが、

 

 

 

全ての四肢の掌が水ぶくれ

 

 

元気なのがたいしたもんです

 

 

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

水ぶくれは薬浴で治癒を待つことに

 

家に来た・・・

2018年02月12日 (月)

具合が悪そうで、診てくれんね

っということで診察です

 

CIMG9950

 

OH~ ダイナミック!

雪降る中、周りのヤギに喰い負けて、蹴られ、

起立困難になっていたとのこと

 

ふむふむ、聴診では異常なし

削痩が半端ない

けっこう前から食欲不振のようです

 

目を見てみますと、

 

CIMG9952

 

眼結膜が真っ白!?

 

CIMG9953

 

いや、何度見ても白い

口の中も白い

 

貧血が半端ない、心雑音はない

 

体温測定

 

CIMG9956

 

肛門に体温計

ヒモでつないで毛にクリップで体温計が落ちないくん

 

CIMG9955

 

ヒモ見えますか?

体温は37.5℃、発熱はない

 

CIMG9954

 

パンは食べている

 

自宅ながら、採血しました

後日検査すると、PCV10%、TP6.4 WBC99000

死ぬかもしれないほどの結果

 

でも食欲はある⇒慢性の貧血

 

ダニの可能性

 

IMG_0853

 

こいつが犯人かも

ダニ媒介性の病気

ピロプラズマ症? バベシア症?

 

とりあえず、ドラメクチン、鉄剤の投与しました

 

 

今後が気になる♀ヤギ4歳です

 

 

 

 

 

 

From                    Oq

 

 

 

 

 

最低限の聴診器と採血セットは自宅に常備してよかった ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yjimage

 

落ちないくん

とり目

2018年02月10日 (土)

って、何かイメージが悪い悪口の印象ですが・・・

 

今回のとり目を見てください

 

DSC08449

 

ハイ、こっちにも

 

DSC08448

 

はじめて見ましたね~

 

人なら前髪フ~フ~でしょうけども、

羽が見に入って、掻きむしっているとのこと

 

抜く、切る、とる

 

DSC08452

 

眼瞼が発赤、腫脹

眼薬っ、投下

 

DSC08458

 

眼薬の1滴より眼が小さい

それが良いのです

まぶたにも眼薬がついて、発赤、腫脹の外用薬となります

 

 

 

イケメンになったでしょ

DSC08455

ロケティアポーズ

 

 

 

 

 

 

From                   Oq

 

 

 

 

 

 

 

a047411

 

 

目が腫れている

2018年02月08日 (木)

という主訴

 

DSC08420

 

それよりも目つきが悪い

 

DSC08421

 

・・・、

 

DSC08422

 

・・・、

 

目は腫れていないけども、

 

DSC08423

 

しゃくれていますね~

 

SHPT:栄養性上皮小体機能亢進症

 

つまり偏食による、カルシウムとリンの体内比率のバランスが悪い証拠

 

目の腫れも偏食によるものに間違いない

 

朝夕、同じ野菜3種類程度を8年間

 

食生活から改善しましょうね

 

 

 

 

 

 

From                 Oq

 

 

 

 

 

yjimage

これくらい大きくな~れ、バルゴン

 

うさぎの前庭疾患

2018年02月07日 (水)

で回転します

右斜頚、右眼振です

DSC08436

 

前庭とは、内耳と中耳のバランスをとるところです

 

ウサギのこの病因は原虫感染や口腔内の傷から前庭に感染することでおこります

 

原虫には抗原虫薬を試験的投与

前庭に感染の抗生剤を長期投与

 

回転が激しすぎて今回は再診です

目を診ると・・・

 

DSC08438

 

目の上が腫れています

 

DSC08440

 

ゴンゴン頭を打ち付けた可能性

 

DSC08441

 

あり

 

改善策は床など軟らかくして打撲対策

食欲はあるはずだが、立ってられないので自力での採食は無理

⇒ 強制給餌を

 

DSC08439

 

長期戦は覚悟しましょう

 

 

 

 

 

 

 

From                     Oq

 

 

 

 

 

 

DSC08442

 ラビットフードばっかりあげると斜頚になりますよ~