新しくなったホームページのご紹介~ part.1

2018年04月17日 (火)

オークどうぶつ病院けやきの副院長の前谷です。

先日よりオークどうぶつ病院の公式サイトがリニューアルしてますが、新しくなったところをちょっとだけPRさせてください。

 

お話をいただいたのが約1年前。その頃から新しく予防のお話や避妊去勢手術のこと、健康診断についてなどの情報などを掲載したいと思い、原稿執筆を開始いたしました。

 

 

その頃から、自分自身のモチベーションをアップしていくために、『Oak-Animal.com』と刺繍を入れた制服を着てるんですねー

 

 

 

今回のリニューアル点として、犬・猫・フェレットの基本的な予防について書きました。

 

フィラリア予防や狂犬病ワクチンのシーズンが始まっていますが、毎年来られている患者さんの中にも、「あまりよく分かってないけど、ハガキが来たから来ました」という方もいらっしゃいます。

 

どうしても診察時間中に十分なお話ができてない場合もあるかと思いますので、補足説明の意味でも読んでいただければと思います。

 

新しく犬や猫を飼い始めた方は、病院にお越しになる前にでも来られた後の復習にでもご活用くだされば幸いです。

 

🐈どうぞよろしくお願いします🐈

 

 

part.2へと続く。。。

 

🐶健康診断に行こう🐱

2018年04月15日 (日)

こんにちは!

看護師の古野ですヽ(。・ω・。)ノ

最近はフィラリア検査に来られる方が増えてきました🐝🌼

フィラリア検査と一緒に年に1回の健康診断もおすすめしてます💡

血液検査以外の超音波検査やレントゲン検査で気づかなかった病気が見つかるかもしれません🔍!

\ ぼくも受けたよ~! /

私の愛犬(コロン♂)も去年の健康診断で膀胱結石が見つかり7歳で膀胱結石摘出手術を行いました👨‍⚕️普段元気にしてたのでビックリしました(´゚ω゚`)

今では毎日ボールを追いかけて

元気にしてます🐾⚽

 

\\健康診断受けて良かった~❕//

早く見つけて💡

早く治そう😼✨

Care My Pet ― 動物病院の検査情報サイト

↑5/31までIDEXXサイトで健康診断応援プレゼントキャンペーンを行っています↑

犬の除去食試験キャンペーン!(アミノペプチドフォーミュラ)

2018年04月07日 (土)

オークどうぶつ病院けやきの副院長の前谷です。

前回の猫のアミノペプチドフォーミュラのモニター募集は3月いっぱいで終了させていただきました。フードの販売は引き続き行っておりますので、ご希望の方はお気軽に相談ください。

今回は、猫のアレルギー除去食に引き続き、犬用アレルギー除去食のご紹介とキャンペーンのご案内です。

 

犬の食物アレルギーの特徴

犬の食物アレルギーの特徴をまとめました。

以下のような症状があれば、食物アレルギーの可能性がありますので、除去食試験をオススメします。

発症時期はいつ? 1歳未満の若いころから何らかの症状が出ていることが多いと言われます。子犬の頃から耳や体をかいたり手足をなめたりする行動はありませんでしたか?

(シニア犬で突然食物アレルギーを発症してしまうワンちゃんもいます)

季節によって違いがあるかどうか? アトピー性皮膚炎では、梅雨から夏場にかゆみが増えて、冬はおさまることが多いですが、食物アレルギーの子は一年中かゆがります
病変の出る場所 顔(目や口周囲)、お腹や内股、足先や耳の中などはアトピー性皮膚炎と共通のかゆい場所ですが、食物アレルギーの出やすい特徴的な場所として、「背中」や「肛門周囲」などが言われています。

(ウェスティなど、アトピーでも背中にかゆみが出ることもあります)

うんちの回数 食物アレルギーの犬はうんちの回数が多く1日3回以上する子が多いと言われます。

(当てはまらない場合も多いです)

ステロイドの薬が効きにくい アトピー性皮膚炎と比較すると、ステロイドが効きにくいことが多いです。

これまでアトピーでステロイドで抑え込めてた犬が食物アレルギーになって突如薬が効かなくなることもあります。

 

犬用の除去食試験専用フード

犬アミノペプチドフォーミュラ

 

犬にもアレルギーとなるタンパクをアミノ酸レベルまで分解して作った、理論上アレルギー物質を含まない除去食であるアミノペプチドフォーミュラがあります。

 

猫用と同じように、PINCHカクテルや抗活性酸素カプセルを含んで、皮膚の健康に配慮した設計となっています。 料金は、1kgが¥3,303(税別)、3kgが¥8,151(税別)です。

 

犬の除去食試験

犬の除去食試験

 

除去食試験とは、かゆみや下痢の原因が食物アレルギーかどうかを確かめるために行う食事療法のことです。かゆみの試験には6週間、下痢の試験には2週間、除去食とお水だけを与えて症状が改善するかどうかを見ていきます。

 

その間、おやつや人間の食べ物をほんの少しでも与えてしまうと効果が分からなくなりますので、ご家族の皆さんで徹底してやってあげてくださいね。

 

このたび、ロイヤルカナンさんと共立製薬さんのご協力により、除去食試験を行いたいワンちゃんに、犬のアミノペプチドフォーミュラ1kgをおひとり様につき1袋ずつ提供していただけることになりました。(期間未定の先着順につき、ご希望の方はお早めにお願いいたします!)

 

この機会に、皮膚症状などでお困りのワンちゃんに除去食試験をご検討ください。オークどうぶつ病院・オークどうぶつ病院けやきの両院で実施しておりますので、ご希望の方は担当獣医師までお声かけください。

 

なお、ひどい皮膚症状でとても敏感なワンちゃんは、フードに入っている副原料(油脂やコーンスターチなど)にアレルギー反応が起きてしまう子もいると考えられていますので、一度の除去食試験でダメでもアレルギー用フードは数種類試してみることをオススメします!

 

犬の除去食試験の流れ

除去食試験の流れと判定表

新しい先生が入ります!

2018年03月16日 (金)

オークどうぶつ病院けやきの副院長の前谷です。

 

来週の火曜日3/20より、オークどうぶつ病院けやきに新しい獣医師が入ることになりました。

 

以前からご来院いただいている方はご存じかもしれませんが、「紫牟田(しむた)先生」と言います。

 

 

 

当院を退職後、関東の病院で腕を磨いて戻ってきました。

 

パワーアップして帰ってきた紫牟田先生に私たちも大いに期待しております。

関東での経験や、違う病院で見てきた良いところをどんどん取り入れてもらい、さらにオークどうぶつ病院を盛り上げてもらいたいと思います。

 

3月後半と4月の「オークどうぶつ病院けやき・獣医師勤務表」を更新いたしました。

 

3/20(火)よりシフトに入ってもらい、4月より新体制でオークどうぶつ病院一同頑張りますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします!

 

From Oqの最終回

2018年03月12日 (月)

 

突然ですが、オークのオフィシャルブログ:オークゆかしい話のOqは今日でお終いです

 

これからはオークのオフィシャルではないブログ:オークぶかい話に移動します

 

 

今後のオークゆかしい話はけやきの院長と副院長が更新する運びとなりました

 

 

 

 

病院関連の話題が豊富になり、内容も今までよりも充実しますので今後ともオークゆかしい話をお願い致します

 

 

オフィシャルではないブログ:オークぶかい話も病院関連以外の話題や

写真が豊富になりそうです(ノークレームでお願いします)

 

 

 

今後とも両ブログをよろしくお願いします

 

 

今まで5年間、1500件以上の投稿にお付き合いいただきましてありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

From                  Oq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々出没するかもしれませんyo

 

新ホームぺージ

2018年02月20日 (火)

 

御承知の通り、HPが新品になりました

 

みなさん、隅々までご覧ください

 

文句などあれば陰でお願い致します

 

 

 

 

 

From              Oq

2月2日

2018年01月29日 (月)

お知らせ

 

2月2日、西区のオークどうぶつ病院は18:00で診察を終了致します

なお、受付は17:30までとなります

ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願いします

 

 

3
緊急告知 ②

2018年01月15日 (月)

福重にありますペットショップ:Dog Family が閉店するそうです

 

そこで里親募集とのこと

 

無料とはいかないまでも価格はお手頃そうです

 

チワワ、T・プードル、M・ダックスくんがお待ちです

 

興味のある方は下記へどうぞ

 

 

http://www.dogfamily.info/satooya/

営業時間 10:00~19:00
TEL 092-883-1830
店休日 毎週火曜日
※完全予約制の為前日の18:00までのご予約でお願い致します。

 

 

 

 

なお、当院とは系列でもなんでもありません

協力しているだけですのでご了承ください

 

 

 

 

 

 

From                      Oq

 

 

 

 

 

 

08b8dec7-s[1]

これくらい、いそうですよ

 

緊急告知

2018年01月15日 (月)

犬・猫から感染症、死亡 国内初 福岡の60代女性

1/15(月) 7:55配信

産経新聞

 犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。厚労省は今月、自治体などに向けて通知を出し、情報提供を行った。

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染することで起きる。のどの痛みやせきなど風邪の症状が出て、重症化すると呼吸困難などで死亡することもある。人から人にうつることはほとんどない。予防接種の効果で日本ではほとんど患者がいない感染症「ジフテリア」に似ており、抗菌薬などで治療が可能だ。

厚労省によると、この感染症で死亡したのは福岡県の60代の女性で、平成28年5月に呼吸困難で救急搬送され、3日後に死亡。血液などから菌が検出された。女性は3匹の猫に屋外で餌をやっていたといい、そこからの感染が疑われている

国立感染症研究所によると、この感染症は国内では13年に初めて感染例が報告され、29年11月末までに、死亡した女性を含め北海道から九州まで25人の感染が報告されている。犬や猫を飼っていたり、接触があったりする患者がほとんどだ。英国など海外でも数十例が報告されており、死者も出ている。

ただ、国内では感染症法に基づく届け出義務がない珍しい感染症のため、見逃されている可能性もある。厚労省は今月、日本医師会、日本獣医師会、自治体に対して情報提供を行い、発生があった場合は厚労省に情報提供するよう通知。国民に対しても、「ペットとの濃厚な接触は避け、体調が悪くなったらすぐに医療機関に行ってほしい」と注意を呼びかけている。

 

 

十分ご注意くださいyo

 

 

From              Oq

 

 

そして勝利しましょう

人は人、犬は犬、猫は猫、鳥は鳥   ダメっ、濃厚接触、口うつし

インフルエンザ禍

2018年01月13日 (土)

インフルエンザがスタッフに流行っております

 

けやきは院長と副院長と看護師2名の計4名が罹患中(2018年1月13日現在)です

 

ただいま獣医師は豊浜一人と、けやきで一人で診療中

 

診療やトリミングにも影響が出ております

 

ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません

 

お越しの際には問い合わせをお願い致します

 

皆様もご注意ください

 

0e4e81d1-s

これくらい運ばれています