超音波(エコー)の機械が新しくなりました!

2019年04月13日 (土)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

2月末よりオークどうぶつ病院けやきの超音波検査の機械が新しくなりましたのでご紹介したいと思います。

 

日立アロカメディカルの「ARIETTA 60」というモデルです。

新しくなって画質が鮮明になりましたので、非常に助かっております。

 

 

心エコーの画質は、前機種とは比べものにならないくらい良くなりました。

小さな猫ちゃんなどの心臓もよく見えますので、早速大活躍してくれております。

 

 

 

 

腹部エコー検査も、非常に鮮明になりましたので、診断能力が向上すること間違いなしです。

小腸の粘膜の構造や、小さなリンパ節に至るまでしっかりと確認することができるようになりました。

 

 

春のフィラリア予防シーズンとなりました。

血液検査と一緒に、超音波検査なども健康診断としてさせていただくことも可能です。

ご希望の方は担当獣医師までお声かけください。

 

新メンバーをどうぞよろしくお願いします。

2019年04月07日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

 

 

春ですね🌸

あちこちに咲く桜を見ると、また気持ちを新たに頑張ろうという気分になります。

新年度になりましたので、当院にも新しい仲間が加わりました。

 

・獣医師  クーパー 先生

・獣医師  佐藤 先生

・動物看護師  佐志 さん

・けやき受付  中尾 さん

 

スタッフ紹介のページにも、本人のコメントなどを随時更新していきますね。

新体制で頑張っていきますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

どうぶつの保険について思うこと

2019年03月29日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

今日は『どうぶつの保険』についてのお話をしたいと思います。

長くなっております。興味ある方のみお読みください。

あれ?これ、動物病院のブログ??と思われた方・・・お許しくださいm(_ _)m

 

診察中などに、どうぶつの保険について、さまざまな質問を受けることがあります。

当院としては、どこの各保険会社に対しても公平な立場を取らせていただいてますので、どこかの保険会社と提携もしてるわけでもなければ、どこか特定の保険会社の保険を特別にオススメすることもありません。

しかし、私も日々色々と質問を受ける中で、どんなものがあるのか知っておかねばと思いまして、先日一括資料請求を申し込みました。

 

 

動物の保険会社ってこんなにたくさんの数があるんですね・・・

これだけあると、逆にどこにしたら良いのか悩みますよねぇ。

全部資料をザーッと目を通して読んでみました。

私、ファイナンシャルプランナーの資格も持ってますので、こういうのキライじゃないんです。

その中で、私自身も気になったところなども踏まえて、保険えらびで参考にしていただきたいことを以下に書きますね。

自分自身にあった保障内容を考える上で、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

支払い対象外の疾患について

どうぶつの保険では、例えばワクチンで予防できる病気(ジステンパーやパルボウイルスなど)、先天性の病気、不妊手術(避妊・去勢手術)などはあらかじめ保証対象外になっています。ただ、この保証対象外になる疾患一覧をよく見てみると、保険会社ごとに細かい違いがあるようです。

自分が飼っている動物にどんな病気が多いのかを知っておき、その病気が除外されることがないように気を付けたいものです。

 

 

例えば、上のとある保険会社の事例です。

他の疾患はある程度仕方がないとは思うのですが、「気管虚脱」は後天的な要因も発症に多々関係する病気で、今回リストを眺めててちょっと驚いた部分です。

気管虚脱が多いヨークシャーテリアやポメラニアン、トイプードルなどの犬種では、シニアになって気管虚脱で長引く咳が出だして継続的に治療が必要になったとしても、いざ保険請求をしようと思ったら保険が一切出なかった…ということになりかねないわけです。

 

それと、ワンちゃんのほとんどが発症するという「歯周病」。

治療には全身麻酔が必要で、そのために術前の血液検査やレントゲン、超音波検査などを行い全身麻酔下で手術を行いますので、治療費も高くなるケースも多いです。

歯周病という病気の治療として「歯石除去や抜歯や縫合処置」を行ったとしても、一切保険が出ない会社もあることを知っておきましょう。

 

 

回数制限や一回あたりの限度額

保険会社によっては、「病院にかかる1回あたり、あるいは1日あたり上限は〇〇円まで」といったような金額制限を設けているところもあります。また、「通院治療は累計で〇〇日まで」といった回数制限があるところもあります。

 

 

例えば、調子が悪くて病院にかかって、いざ血液検査やレントゲン・超音波検査など様々な検査を一日で行って、検査料や治療費が25,000円くらいかかったとしても、上の写真のような記載があれば、1日あたり12,000円までしか保険が出ません

 

また、ネコちゃんの慢性腎臓病のように、悪くなって毎日皮下点滴に通うような病気でも、上記のように「通院が年間22日まで」と決まってしまってる場合は、23日目からは完全に実費になってしまいます

 

 

できれば、上の保険会社のように、年間の上限額は決まってるけど、1日あたりとか通算日数とかには制限がないところを選びたいものですね。

 

 

免責金額について

どんな保険にも「免責金額」というものがあります。

免責金額というのは、保険請求をしようというときに、〇〇円までは自己負担ですよ~という金額です。つまり、免責金額を決めたら、その金額以上の費用が掛かった場合にのみ保険請求ができます

 

 

これは一見不利な保険のように感じますが、実は保険料の節約にもなりますので一概に悪い内容とは言えません。

このくらいの金額だったら自分でも払えるよな~」という金額を免責金額にしておくと、保険会社はその分保険金を払う機会が減りますので、保険料がお安くなるわけです。

 

そういった少額の治療費は自分で払えるんだけど、でもいざ大きな治療費が掛かったときだけは保険で備えたいという方には良いのではないでしょうか。(もちろん保険料がその分お安く設定されていれば…ですけど)

 

ただ、これは個人的な意見ですが、ネコちゃんの場合は、3頭に1頭という高い確率で慢性腎臓病となり、点滴治療が必要となります。

ネコちゃんの性質的に、病院で入院させるのはストレスであることから通院で皮下点滴を行うことが多く、費用的に3,000円~5,000円とかが毎日のように掛かるケースも多いです。

ということから考えると、ネコの場合『免責金額がない保険で、かつ日数制限がない、通院まで保障される保険』がベストかなぁと思ったりします。

 

契約条件の変更について

 

この件は実は、どうぶつの保険で私個人がもっとも重要視というか、『実に問題だ!』と思っている部分です。

数年前にこういったケースがあり、ちょっとした問題となりました。

飼っているネコちゃんが肝臓病になり、継続して内服薬を投薬していたら、ある時慢性腎臓病も併発しました。

保険更新のタイミングがやってきた際に突然、保険会社から「肝臓病に対しては今後保険金の支払いを打ち切ります!」と通告された…という話です。

飼い主さんとしては、長年保険料を払って来て、いざ病気になった時に途中で病気の保障が打ち切られるというのは大変驚いたことでしょうね。

 

保険会社としても色んな事情や、「本当にその薬が継続して必要な状態なのか?」というような疑問があったりしたのだろうと推察しますが、保険を払ってきた飼い主さんにとってはすごく裏切られた気分になったことでしょう。

こういった条件変更はぜひなくしていただきたいと、獣医療に携わる人間として強く訴えたいですね。

 

 

保険に入ろうかな~と検討している保険会社があれば、ここだけは、問い合わせをしてでもぜひ確認していただきたい!と思います。

「途中での条件変更はありません。契約条件でずっと保障は続きますよ。」というところを選びたいものですね。

 

 

 

加入できる年齢や保障される年齢、保険料など

 

すごく基本的なことになりますが、人間の医療保険と同様に考えてはいけない部分ですので最後に述べておきます。

まず、各保険会社によって加入できるどうぶつの年齢に違いがあります。自分のどうぶつの年齢によっては加入すらできないこともあるので注意しましょう。

 

人間の医療保険は、加入時の年齢で毎年の保険料がずっと同じ金額であることがほとんどですが、どうぶつの保険は、毎年の更新時に年齢が上がると1年間の保険料も年々上がっていくものがほとんどです。いわゆる「毎年更新型」の保険ですから、保障の内容と年々上がる保険料を常に見て継続するかどうかを検討されてください。

 

それと、人間の医療保険は一生涯保障の終身保険ですが、どうぶつの保険のは多くは、「保障されるのが〇〇歳まで!」と決まっているものが多いです。

長生きすると保険自体が継続できなくなるものも多いですので、その辺りもしっかり見ておくことをオススメします。

 

 

とても難しい内容となってしまいましたが、これから保険を検討しようという方の参考になれば幸いです。。。

どこかオススメの保険会社は?というご質問にはお答えしかねますが、もし外来が落ち着いてるときに保険のパンフレットなど持っていただければ、気になる点などにお答えさせていただきますよ。

うれしいお便り💌

2019年03月14日 (木)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

先日、うれしいお便り(メールですが)をいただきました。

 

話はさかのぼって10月頭・・・

お電話で、「猫ちゃんをロサンゼルスに連れて行きたい」という1本の問い合わせから始まりました。

飼い主さんは福津市在住の方で、娘さんが住んでいるLAに飼い猫ちゃんを連れて移り住みたいとのことでした。

 

猫ちゃんを海外に連れていくためには、検疫をクリアするために必要な予防処置を行わなければなりません。

今回LA(カルフォルニア州)に行くのに必要な措置は、

 

1.マイクロチップ

2.1回目の狂犬病予防接種

3.2回目の狂犬病予防接種(前回から30日以上空けて)

4.出国7日以内の健康診断書

 

ロデオちゃんは大きな声でよく鳴く子で、福津市からタクシーで1時間強。。。

病院に到着するまでの間ずっと大声で鳴いてたそうで、到着する頃には飼い主さんもほとほとお疲れで…

 

そんな通院を繰り返し、先日『無事にロサンゼルスに到着しました!』とうれしいご報告をいただきました。

いつも、ちゃんと無事に入国できたか心配しておりますので、こういうのは本当に嬉しいんです♪

 

一緒にいただいたお写真がコチラ!

 

遠いアメリカのロサンゼルスでも、大声で鳴いているロデオちゃんが想像できます。。。

アメリカ人のご友人からは、「Why?? なんで尻尾を切るんだ!?」と言われたそうですよ (^_^;)

尾曲がり猫はアメリカでは珍しいんでしょうね。

 

新しいおウチでは、窓ごしにリスや鳥、ラクーン(アライグマ)を眺めて過ごしてるとのこと。

ロデオちゃん、残りの猫生を楽しく過ごしてくださいね~♪

お便りありがとうございました!

 

 

 

楽天ペイはじめました!

2019年03月08日 (金)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

このたびオークどうぶつ病院では『楽天ペイ』によるお支払いが可能となりました。

 

これまでも『PayPay』によるキャッシュレス決済が可能でしたが、また一つ選択肢が増えましたね。

 

 

使い方はPayPayと同様、楽天ペイアプリから病院受付のQRコードを読み取っていただいて、金額を入力して決済画面を見せていただくだけです。

楽天市場でお買い物をされる方は、貯まった楽天スーパーポイントをお支払いに使うこともできますよ。

 

 

 

楽天ペイアプリをお持ちでない方はアプリをダウンロードして楽天IDを入力してクレジットカード情報を入れるとすぐに使えます!

 

 

 

実は、楽天ペイを導入することで以下のような電子マネーでもお支払い可能になりました!

ご使用の際は、電子マネー決済用端末を使用しますので、お会計前に一声お掛けくださいね。

 

 

 

 

楽天ペイとPayPayのQRコードが並んでいますので、お間違えのないようお願いしますね。

ヒルズ療法食が3/1より値上がりします。。。

2019年02月12日 (火)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

10月はロイヤルカナン療法食が値上げを行ないましたが、今度はヒルズの療法食が来月の3/1より値上がりすることに決まりました。

これまでヒルズは企業努力で値上げをせずにやってきたそうですが、原材料高騰と物流コスト・人件費高騰の波には逆らえず、ついに値上げが決定したそうです。

 

誠に申し訳ありませんが、院内での価格も3/1より新価格に改定させていただきますのでご了承ください。

早めにまとめて注文しようかなという方がいらっしゃったら、2月中のご注文・ご購入をお願いいたします!

 

 

犬用・メタボリックス1kgは¥2,370→¥2,568(税抜)

 

 

猫用・c/dマルチケア2kgは¥3,890→¥4,248(税抜)

 

 

猫用・k/dツナ 500gはお値段据え置きの¥1,515(税抜)

 

 

 

 

犬猫用・a/d缶 156gが¥390→¥426(税抜)

 

 

 

犬用・k/d(ビーフ&野菜シチュー)缶 156gが¥321→¥326(税抜)

 

 

 

猫用・k/d(ツナ&野菜入りシチュー)缶 82gはお値段据え置きの¥214(税抜)

 

 

犬用・低アレルゲントリーツ180gは¥762→¥831(税抜)

 

 

ほんの一例です。

商品によっては価格が変わらないものもありますし、値上がり率もそれぞれ異なりますので、各フードの料金はお気軽にお問い合わせください。

ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

オークけやき・受付の方を募集します!

2019年01月28日 (月)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

今回は求人のお知らせをこちらでもさせていただきたいと思います。

 

 

約1年間、土日や水曜日にオークどうぶつ病院けやきの受付で頑張ってくれた上野さんが、3月いっぱいで退職することになりました。

上野さんはとても頑張り屋さんで、動物看護師の専門学校にこの春から通うために、パートで当院を手伝ってくれていました。

当院としてはとても残念なのですが、そこは本人の夢のためです!

頑張って勉強してもらって、2年後には立派な動物看護師になって帰っていただきたいな~なんて思っております。

 

さて、そのような事情ですので、再度オークどうぶつ病院けやきの受付のパート募集したいと思います。

詳しくは求人ページをご覧ください。

 

ご興味を持たれた方は、ぜひお電話や求人フォームにて問い合わせいただければと思います。

たくさんのご応募お待ちしております。

 

→2019年03月 受付募集終了いたしました。

 

 

冬山行きたい願望

2019年01月16日 (水)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

今回は仕事と関係ないただの日記です。。。

 

ふつふつと湧いてきてます・・・冬山に登ってみたい願望

 

しかし、大の寒がり&冷え性で、冬山に行く装備なんて持たない自分にはとってもハードルが高いので、今回はインチキして登ってきました

 

 

山頂はマイナス9℃・・・寒いというより痛いレベルです。

カイロを貼りまくってネックウォーマー、厚手ダウンで重装備です。

それでも霧氷を見たくて。。。

 

 

 

鶴見岳山頂から別府~国東半島方面

 

 

見れました、霧氷です。とても綺麗!

今度は自分の足で登ってこの景色が見たいですが・・・

このくらいの雪なら寒さをガマンすれば行けるかな?

でも冬山をなめたらいけませんね。。。

 

 

 

下りももちろんインチキしましたとさ

 

 

 

以上、ぷらーり♪

自由気ままな一人旅編でした。

 

空気も澄んで阿蘇五岳がくっきり

 

レーザーメスによる無麻酔のイボ切除

2019年01月07日 (月)

明けましておめでとうございます。

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

お正月は皆さまどのようにお過ごしになりましたか?

 

私はというと、毎年親戚周りであちこち忙しいのですが、3が日はその合間を縫って駅伝のテレビ応援をしてましたよ。

元旦のニューイヤー駅伝は、福岡国際マラソンで優勝した服部勇馬選手が7人抜きの区間賞の快走を見せてくれましたね。

先日病院の前で応援してから、今回も好調を維持してくれてましたので、このまま東京五輪代表まで駆け上がって欲しいですね!

 

 

年明け一発目となりますブログは、新導入のレーザー治療器の話にしましょう。

先日、レーザーによるイボ取りの様子は動画でお伝えしましたが、今回はレーザーメスを使ってイボを切除したケースのご紹介です。

 

今回のワンちゃんはフレンチブルドッグのフランちゃん。

昨年より体からぶら下がっていたイボが気になります。。。

 

 

どこにあるか分かりますか??

もうすこしズームインしてみましょう。

 

 

右ひじの下に細い茎でプラーンとぶら下がっているので、メスタイプのチゼルプローブという先端を使いました。

 

矢じりの形をしたチゼルプローブは「切る」のに優れた先端です

 

引っ張ってその根っこをスパッと切ります。

一瞬です。2~3秒で終了しました。

痛がるようなら局所麻酔を使おうと思いましたが、フランちゃんは全く気付いた様子もなく、切除後もまったくケロッといつも通りの様子で。。。

 

レーザーの良いところは、細い血管であればほとんど出血なく切除できることです。

それに高い温度で組織を蒸発(蒸散)させますので、術後の痛みや腫れが少ないというメリットも。

出血もなく痛がる様子もなく一瞬で切除が終わりました。

手術後の傷はこんな感じに・・・

 

 

穴が開いたようになってますが、術後も本人がなめたり気にしたりすることは一切ありませんでした。

この傷も術後1週間から10日程で、カサブタが取れてきれいに治りますよ。

 

摘出したイボは病理検査に出しましたが、「皮膚垂」という良性の病変でした。

全身麻酔もしてませんので、フランちゃんはすぐに元気に帰っていつも通り夕食を食べることができます。

 

レーザーメスによる無麻酔or局所麻酔でのイボ取りは、こんな応用の仕方も可能です。

気になるイボを見つけたら、一度担当獣医師にご相談ください。

 

日清キドニーキープにウェットが登場!

2018年12月24日 (月)

オークどうぶつ病院けやき 副院長の前谷です。

年内の営業は、今年も12/29(土)までとなっております。

お薬やフードが年末年始に不足しないかどうか、今一度ご確認をお願いいたします。

 

さて、ネコちゃんは腎臓の病気がとても多く、3頭に1頭は腎臓病になる…とも言われます。

そのため各フードメーカーは、慢性腎臓病用のフードにはかなり力を入れて商品開発をしています。

 

腎臓病の猫ちゃんには、ヒルズやロイヤルカナン、ドクターズダイエットなどのサンプルをお渡ししていますが、それでも食欲が落ちて食べないのが腎臓病。

そんなときには、私は第4の選択肢として日清の『キドニーキープ』を推奨しています。

キドニーキープは日本のネコちゃんが好む「魚」を原材料に、国産材料で嗜好性にこだわって作ったMade in Japanのオススメのフードです。

 

 

 

ドライフードは2種類あります。

まずはふつうの『キドニーキープ』

キドニーキープ500g ¥1,440(税込)

 

 

かなり食欲が落ちてしまった猫ちゃんには秘密兵器として、『キドニーキープ(リッチテイスト)』もあります。

キドニーキープ・リッチテイスト200g(25g×8パック入)¥756(税込)

 

ふつうのキドニーキープに加えてさらに+3種のうまみパウダーを添加してますので、抜群に食べます!

また、25gずつ小分けになっていますのでいつでも新鮮で、袋を開けたての味と風味が猫ちゃんの食欲を刺激します。

 

 

 

そんなキドニーキープのシリーズに、今回ウェットフードが仲間入りしました!

キドニーキープ・ウェット30g ¥162(税込)

 

 

ウェットフードといっても、いわゆる缶詰などとは違います。

ドライ+αのトッピングとして、あるいは食欲がかなり落ちている子の栄養補給といった位置づけでしょうね。

イメージとしては、いなばのちゅーる(まぐろ味)の腎臓病バージョンとでも言いましょうか。

(腎臓に配慮してタンパク質やリンを制限して作られていますので安心してあげられます。)

 

まぐろ味ちゅーるのよう

 

当院の高齢猫トリオにも早速与えてみましたが、みんな残した朝ごはんには目もくれずあっという間に完食しましたので、かなり美味しいんでしょうね~

 

 

腎臓病と言われたけども、うーん。。。何も食べてくれない・・・

とお困りの際には、一袋から購入できますので、ぜひお試しくださいね。