ヒルズ消化器用フードがリニューアル~腸内バイオ―ム化!

2021年12月18日 (土)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

以前に書いたヒルズの一風変わった新製品『腸内バイオーム』のブログは、たくさんの方に読んでいただきました。

このたび、ヒルズの他製品にもその機能がプラスされてリニューアルしましたのでまたご案内をしたいと思います。

 

 

まずおさらいですが、ヒルズの『腸内バイオーム』という製品は、ヒルズ独自の繊維ブレンド「アクティブバイオーム+テクノロジー」と名付けられた配合が、腸内細菌の善玉菌を増やし、またその善玉菌に体内に役立つ成分を作らせて効果を発揮するという製品でした。

詳しくおさらいしたい方は、前回ブログをまた読んでみてくださいね。

 

例えば、単純に「下痢」という病態にしても、急性で治療すればすぐに治るものもあれば、長引くなかなか治りにくい下痢もあります。

その「長引くなかなか治りにくい下痢」の治療において、食事を変更することで改善するものもあります。

 

「低脂肪食」という考え方

例えば、ワンちゃんで多い「リンパ管拡張症」と言われる病気があります。

ずっと下痢が続いてタンパク質が腸から捨てられて、血液検査でのタンパク質(アルブミン)の数値が低下し、腹水や胸水などの水がたまって命にかかわる病気です。

その治療としてお薬以外にも低脂肪の療法食が推奨され、各メーカーが様々な低脂肪療法食を販売しております。

ヒルズの犬用製品で行くと、『i/dローファット』『i/dコンフォート』というのがありますが、そのシリーズに腸内バイオームの性能が追加されたというわけです。

これまで他の低脂肪療法食で一定の効果はあったんだけど、うんちはまだちょっとゆるいんだよな~…という子に良いのかもしれません。

 

「アレルギー食」という考え方

もう一つの考え方として、食べ物の何かの成分にアレルギー反応を起こしてしまい下痢が続くケースもあります。

病名で言えば、『食物有害反応』や『炎症性腸疾患』の一部などになるかと思います。

こういったケースの場合、アレルギーが少ない原材料で作られたフードが推奨されます。

こちらも各メーカーが色んな成分のフードを販売しているわけですが、ヒルズの従来フードで言うと『z/d』という製品があります。

この製品にも同じく腸内バイオーム機能が追加されましたので、他のアレルギー食である程度良いんだけど、うんちが柔らかいのがもう一息かな~…という子なんかに選択肢の一つとしては良いかもしれませんね。

 

 

発売してからこれまで、『腸内バイオ―ム』はとても良い製品だと実感しております。

もちろんお腹がゆるい子みんなに効果があるわけではないのですが、合う子にはすごく合う!といったイメージですかね。

今回リニューアルした製品も、なかなか治りにくい下痢の患者さんの選択肢が一つ増えると考えると、機能面をプラスするとちょっと面白い製品だと期待しております。

何しろこういった病気のフードは、「これが一番良い製品!」というのがあるわけではなく、その子その子で合うものが見つかると良いね~という感じなので…

 

 

さて。犬用のアクティブバイオーム+技術の製品だけでもこれだけのメンツになりましたよ!

今後はもっとヒルズ製品の腸内バイオーム化が進むんでしょうか。。。そのうちサイエンスダイエットにまで???

ちなみにお値段の方は、リニューアルに伴い値上がりしてしまいました…

が、機能面でプラスになったのでどうかご了承くださいませ。

 

先日リニューアル製品発表会がオンラインセミナーでありましたので、当日出勤メンバーとみんなで聴いたのですが、ちょっと難しかったようですね(^_^;

皆さんにご説明して自信をもってオススメできるように、私たちスタッフも日々勉強です。

 

またしてもドクターズ製品の送料無料キャンペーン

2021年11月25日 (木)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

以前6月にも同じキャンペーンがありましたが、またしてもドクターズダイエット製品のネット注文サイト『どうぶつ病院宅配便』が送料無料キャンペーンをやるそうです。

 

 

内容は同じみたいなので、詳細は6月のブログをお読みください。

前回はお知らせが遅れてしまい、期間が2週間しかありませんでしたが、今回は本日より12/25まで1ヶ月間あります!

 

この期間中だと1袋だけの注文でも送料無料で届きますので、ドクターズ製品を食べていて、ネットでも注文してみようかな〜という方がいらっしゃいましたら、ご来院時に「キャンペーンコード」を書いた紙をお渡ししますね。

当院の患者さんであれば、お電話でもキャンペーンコードをお伝えすることも可能ですので、ご連絡ください!

※どうぶつ病院宅配便で、はじめて注文をされる方限定だそうなのでご注意ください!

 

チェリー🐱が天国に旅立ちました

2021年11月21日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

先日のことですが、当ブログにもたくさん出演してくれてた「チェリー」が天国へと旅立ちました。

ポチャッとした体形が病院の猫としてはふさわしくなかったですが、可愛い顔と人懐こい性格で当院のアイドル猫でした。そんなチェリーもずいぶんと小さくなりましたね。

 

 

 

元々慢性腎臓病を患って点滴をしてきましたが、ある時心臓病も合併してから、点滴をすると胸に水がたまるようになってきました。

そこから点滴は出来なくなって、代わりに毎日たくさんの投薬も頑張って、最後まで穏やかに暮らしたニャン生だったと思います。

朝行くと必ずスッと寄ってきてくれて、そして私たちの顔を見てスリスリしながら少しずつご飯を食べる子でした。

 

実は、これまで触れてませんでしたが、チェリーは飼い主さんに置いて行かれた居候の猫ちゃんでした。

もう10年以上前のとある日、「東京から引っ越してきたんで家が決まるまで猫を預かって欲しい」ということで1頭の猫がペットホテルにやってきました。

そのまま飼い主さんとの連絡が途絶えてしまい…

それから十数年の間、当院のスタッフとしてみんなに可愛がられて過ごしてきました。

 

様々な事情があることでしょう。

そうとはいえ、このような飼い主としての無責任な行動は決して許されることではないのですが、もしかしたらどこかで飼い主さんが気にかけているのではないかと思い、たびたびこれまでもブログに登場させてきました。

もしどこかでこれを飼い主さんが見てたら、チェリーのことを思い出して手を合わせて欲しいと願っています。

 

 

歯磨きガムに新シリーズ『ベジデントゼン』『ベジデントフレックス』

2021年10月18日 (月)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

以前にブログ記事でご紹介したことがある、歯みがきガム『ベジデントフレッシュに新シリーズが発売されることになりましたのでご紹介します。

 

従来の歯みがきガム『ベジデントフレッシュ』と同様、アレルギーになりにくい原材料を使用していること、また米国獣医口腔衛生協議会(VOHC)承認マーク付き→「歯石の付着を予防する製品ですよ」というお墨付きはそのままに、新たに2つの有効成分を加えた新製品が登場しました。

 

1つ目は、ワンちゃんのストレスを和らげる成分「 L-テアニン」を配合した『ベジデントゼン』です。

 

L-テアニンは緑茶に含まれる成分で、リラックス効果があることが知られています。

実はこのL-テアニンは、以前から『アンキシタン』というサプリメントで販売されている成分なので、ワンちゃんへのデータもきちんとある成分なのです。

さらに、ガムを噛むことによってもストレス軽減効果があるわけなので、L-テアニンとWの効果でワンちゃんのストレスを和らげてあげられるといいですね♪

 

 

ストレスを30%緩和したというデータがあるようですので、緊張するイベント(動物病院への通院や工事の騒音や雷の音、来客があるなど)の前に与えるとよいかもしれませんね。

 

 

続いて2つ目は、関節への有効成分を含有した『ベジデントフレックス』のご紹介です。

 

こちらは、人の方でも関節用のサプリメントとして販売されたり、美容成分として化粧品に含有されてたりする「卵殻膜」を使用している製品です。

卵殻膜とは、ゆで卵をむくときに殻の内側についている柔らかい皮ありますよね?その膜のことです。

 

 

卵殻膜には上記のような関節ケア成分が含まれるため、関節疾患をもつワンちゃんにオススメなんだそうです。

 

 

2つの新製品ですが、個人的に面白いなと思ってるのは、最初にご紹介した、ストレス緩和成分L-テアニンを含む『ベジデントゼン』ですね。

皆さんも、成分は違いますがストレスを緩和する成分GABAを含んだチョコレートなど買って食べたことがあるのではないでしょうか?

ワンちゃんにとっても色んなストレスがあると思います。

病院に行くたびにガチガチに緊張しちゃうワンちゃん、ストレスを感じると体をなめたりかき壊したりしちゃう子、新しく家族が増えて寂しい思いをしている子などなど…

もし気軽にガムを噛んでストレスを緩和できるのなら、これはとても良い製品かもしれませんね♪

 

もし記事を読んで興味をもった方がいらっしゃったら、とても詳しいメーカーサイト(←こちらをクリック)を一度ご覧ください!

 

そして、ただ今、直接ネットでこの製品を購入できるサイト「ビルバックサービス」を新規に登録した方に、このどちらかの製品が1袋もらえるという太っ腹なキャンペーンを実施中なんだそうです!

(!!注意!!)新規登録の際に、動物病院の「病院ユニークコード」を入力された方限定のキャンペーンとなります!!(限定数、先着なのでお早めに!)

 

もし病院ユニークコードを知りたいという方は、以下のようなユニークコードが書いたチラシをくださいとスタッフまでお声掛けくださいね!

ハムスターのレーザー手術

2021年09月28日 (火)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

最近、なぜだか両院ともにハムスターの患者さんがすごく増えましたね。

私も一人のハムスター飼いとしては嬉しいのですが、やはり可能な検査や治療が限られるので難しさを感じる毎日です。

なかなか犬猫のように満足のいく診断・治療が出来ないことも多いのですが、それでも出来ることを少しずつ増やそうと尽力しております。

 

小さな動物ですから、手術となるとなかなか難しいのですが、先日レーザー手術器が非常に役に立ったケースをご紹介します。

ハムスターには頬袋という袋が左右にあって、いっぱい食べ物を詰め込みます。

その頬袋が時々ひっくり返って出て来てしまうことがあります。

頬袋脱(ほおぶくろだつ)』というその病気ですが、原因は感染(膿瘍)だったり腫瘍だったり…これといった原因もなくただ反転してしまうこともあるんです。。。

 

今回のケースは左の頬袋が飛び出していたジャンガリアンの「メメちゃん」です。

脱出した頬袋の先端を触ると、1cmくらいのしこりが出来てました。

とりあえず一度口の中に戻してみたのですが、左のほっぺを必死にかいていて違和感が強そうです。

頬袋脱はいかなる原因であれ、手術で切除するのがベストと考えられています。

飼い主さんが手術をご希望されましたので、ガス麻酔をかけます。

 

 

麻酔が効いた状態で、左頬袋をもう1回外に反転させました。その頬袋の先端部分に硬いしこりができておりました。

 

 

口の中の組織は、切ると出血が多い場所です。

ハムスターのような小さな体の動物にとって、わずかな出血も命取りになる危険性があります。

そこで今回切除に使ったのが半導体レーザーの「レーザーメス」です。

ワンちゃんの口の中の腫瘍切除に使用した例は過去ブログでご紹介してましたが、出血とダメージの少なさには定評があります。

 

レーザーメスで切除をすると、出血はほぼありませんでした。

そして術後の熱によるダメージや痛みなどもあまりなく、動物への負担が少ない手術が可能となります。

飛び出した頬袋を全周切除が終わった摘出直後の写真です(↓)

※小さな写真で掲載してますので、拡大して見たい方は画像をクリックしてください。

 

写真では、口の周りに血液がついてますが、これはピンセットでつまんだところから出血したものです。

切りっぱなしの状態ですが、切除したところからは全く血は出ませんでした。

 

 

溶ける糸で口の中を数か所縫合し、手術は無事に終了しました。

麻酔もすぐに醒めて、術後短時間で元気にお家に帰りました。

 

 

2週間後に様子を見せに来てくれたんですが、とても元気で頬袋の縫った場所もきれいに治ってました。

飼い主さんの話では、帰宅後すぐにご飯も食べれてとても元気に過ごせたとのこと。

レ―ザーの良いところは、出血なく切除できてしかもダメージが少ないことですね。

 

 

病理検査の結果は『毛芽腫』という良性腫瘍でしたので、今回の切除で無事治療完了です!

元気な姿を見せにきていただきありがとうございました!元気そうでホッとしました(^_^)

 

頑張りました!

 

当院で使えるQRコード決済が増えてます

2021年08月28日 (土)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

以前より、QRコード決済として『PayPay』や『楽天ペイ』を導入しておりましたが、各社の提携などで決済できるQRコード決済手段が増えましたのでお知らせさせていただきます。

 

8/17より、『LINE Pay』での決済に対応しました。

これは、PayPayを提供するソフトバンクとLINEの提携によるもので、当院でも、PayPayのQRコードを読み込むことで、LINE Payの決済が可能になっております。

注意! LINE Payで決済した場合も、決済音は「ペイペイ♪」と鳴るそうです!

 

 

また、『au PAY』の決済にも対応しております。

こちらも携帯電話会社のauと楽天が提携したことによりまして、楽天ペイのQRコードを読み込んでもらうことで、au PAYの決済が可能になっております。

 

ご不明な場合は、受付スタッフにお尋ねくださいね!

なお、d払いなどの他の決済手段に対応する予定はございませんのでご了承ください。

(キャッシュレス決済の営業の電話が頻繁にかかってきますので、こちらでアナウンスさせていただいてます…)

ビルジャック・レバートリーツ値上げのお知らせ

2021年08月15日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

ピルポケットやピルアシストといった投薬用おやつが引き続きどれも欠品しておりまして、ご迷惑をお掛けしております。

その代わりの商品として、先日のブログでもご紹介した『レバートリーツ』をご案内しておりました。

 

そちらも好評を頂いてたところなのですが、先日メーカーから値上げのお知らせが来てしまいました。

クリックで拡大できます

 

現行の税込価格¥462 9/1より ¥902↑と大きく値上がりすることになってしまいました(T_T)

元々の価格設定がかなり安かったので、ある程度の値上げは仕方ないな~とも思えるのですが、値上げ幅が倍近いのには驚きました…

皆さんにオススメしたばかりのタイミングですから申し訳ないです。

 

値上げ幅がかなり大きいため、オークどうぶつ病院けやきではある程度の在庫を確保しました。

そして、現在の在庫分に関しては、現行の価格のまま販売をさせていただこうと考えております

しかしながら、他の投薬用おやつ欠品の影響で、現状こちらの商品も大変入手しにくい状況となってしまっております。(Amazonや楽天のお店からは姿を消しました)

 

そのため、一度にたくさん買われると他の患者さんに行き渡らなくなってしまいますので、まとめてたくさん購入されるのはどうかお控え頂きますようお願い申し上げます

なお、今回の在庫分がなくなり次第、新価格へと移行させていただきますので、その時はどうかご了承ください。

 

 

ドクターズ製品が送料無料キャンペーンを実施中です!

2021年06月20日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

当院でも最近販売数が増えてきております『ドクターズダイエット・ドクターズケア』のフードですが、メーカーの公式オンラインサイト「どうぶつ病院宅配便」というサイトからもお求めいただけます。

複数個注文しないと送料が高いのがちょっと難点なのですが、7/4までの期間限定・新規ご購入の方に限り送料無料キャンペーンを実施中だそうです。

 

会員登録には「動物病院コード」が、初回送料無料にするためには「キャンペーンコード」の2つが必要となりますので、スタッフまでお問い合わせください!

 

どうぶつ病院宅配便で購入して頂くメリットとして、「同じ商品を3個購入毎に1個無料でプレゼント!」というのはお得ですね!

 

ネットで購入するのは抵抗が。。。というお声もよく頂戴いたします。

ドクターズの公式サイトでは、商品到着後にコンビニや郵便局払いがOKになったので、「クレジットカードを登録したりするのがどうも苦手で…」という方や「現金払い主義です!」という方にも購入しやすくなったんではないでしょうか。

 

ドクターズダイエットシリーズ

ドクターズケアシリーズ

 

上記のようなドクターズの製品をご購入していただいている方で、「持って帰るのが荷物になるなぁ…」「3個+1個無料の特典を利用したいな…」という方などがいらっしゃいましたら、キャンペーンコード入力で1袋から送料無料で購入できますので、ご興味がある方は一度スタッフまでお問い合わせくださいね!

もちろん病院にお越しいただいて購入していただけるのも大歓迎です。

※7/4(日)まで、残り2週間ほどで終了するキャンペーンなのでご注意ください!!

投薬用おやつに『ビルジャック・レバートリーツ』取り扱い開始!

2021年05月31日 (月)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

ここのところずっと、投薬用のおやつ「ピルポケット」や「ピルアシスト」が欠品してご迷惑をお掛けしてます。

しばらく入荷の予定は立たず、毎日の投薬に使われてた方には非常に悩ましい問題ですよね。

 

代わりのものがないか探しておりましたが、今回アメリカのビルジャックというフードメーカーのおやつ『ビルジャック・レバートリーツ』という商品を入荷いたしました。

 

 

ビルジャックというメーカーは原材料製造方法にとてもこだわってフードを作っている会社で、米国のトップブリーダーや愛犬家に人気がある会社で、当院でも以前からちょこちょこと取り扱いがあるフードです。

今回はそのビルジャックのおやつで、新鮮な鳥のレバーを原材料に作られているそうです。

お値段もお求めやすく、約50粒入りで税込¥462で販売しております。

粒の大きさはこちらの写真で分かるように1.5cmくらいの粒のサイズになってます。

 

 

薬を包む場合は、手でつぶして真ん中をへこませて、そこに薬を置いて包み込みますが、あまり手にベトベトくっつく感じはありません。

ピルポケットやピルアシストと比べると若干水分量が少なく感じ、ややボロッと崩れやすいのですが、しっかり握るとちゃんとお団子になります。

 

 

あとは嗜好性ですね。

うちのぐり・ぐらちゃんに与えてみたんで動画をご覧ください↓↓

 

 

においがする時点ですでに待ちきれず…整腸剤の錠剤が中に入っているにも関わらず一瞬で食べてしまいました。

この反応は、ものすごーく美味しいみたいです!

ぐらちゃんは、食べないおやつも結構あるんですけどねぇ。

ワンちゃんには投薬用のおやつとしての実力は十分だと思いました。

ちなみに当院の猫たちにもあげてみましたが、なめたりかじったりした子もいますが、あまり猫は好きではないのかな!?

気になった方はぜひお買い求めください。

話題の5-ALA配合『エネアラ』販売中です!

2021年05月23日 (日)

オークどうぶつ病院けやき 前谷です。

新型コロナウイルスはまだまだ収まる気配がありませんね。

緊急事態宣言も延長されそうですが、動物病院も繁忙期で待ち時間も長くなっており申し訳ありません。。。

お車でお待ちになりたい方などはご遠慮なく受付スタッフにお声かけくださいね。

 

エネアラ販売中です!

 

さて、私は久々のブログ更新となりますが、今回は『エネアラ』という犬猫用のサプリメントをご紹介します。

エネアラというサプリメントは発売されてもう2年くらいになりますでしょうか?

以前は高脂血症や肥満のワンちゃんにオススメするケースが多かったのですが、ここ最近は新しい知見がたくさん出て来ております。

そして何より、エネアラの成分「5-ALA(5-アミノレブリン酸)」が今すごく話題になっています。

ご存知の方がいればすごいですね!!

 

「5-ALA」というのは、何なのかというと、食べ物の中にも微量含まれており、体内でも合成されるアミノ酸の一種です。

しかし、食べ物から摂取するには膨大な量の食材を食べないといけなくなり、現実的には食べ物からたくさん摂るのは難しい成分なのです。

 

 

「5-ALA」は体内に入ると、いくつかの反応を経て「プロトポルフィリン」という物質になり、さらに鉄が結合して「ヘム」という物質になります。ヘムは、細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアが必要としている成分で、元気に過ごすためにとても大事な成分。それにヘムからヘモグロビンという血を作るのに重要な成分にもなります。

 

そのため、脂肪を燃焼して代謝をアップするため、肥満や高脂血症のワンちゃん・ネコちゃんにオススメできますし、糖の代謝を活発にしてくれますので糖尿病の管理に役立ったりという可能性があります。

最近では、慢性腎臓病の衰えた腎臓にとって、様々な良い働きがあるのではと言われており、実際に血液検査の数値が下がった、貧血が改善した、筋肉量の減少を抑えられた。。。などといった腎臓病の動物への嬉しい報告がチラホラと出てきています。

 

うちの子はちゃんと飲めるのかな~?と気になった方は、メーカーのサイトでたくさんのワンちゃん、猫ちゃんが美味しく食べている動画が載っていますので一度見てみてくださいね!

メーカーサイトはコチラ→https://eneala.jp/

 

 

以上!で基本的な宣伝は終わりなのですが、「今世間で話題になっている…」の件を一切説明をしておりませんでしたね。

実は、長崎大学の研究で、「5-ALA」が新型コロナウイルスの増殖を100%抑制した!と一時期ニュースでとても騒がれました。

記事はコチラ→https://news.yahoo.co.jp/articles/b972577fad261b0b73678077b4277d820e28f07d

シャーレの中で培養細胞での結果ですから、実際に患者さんに投与してどのくらい効くのかはまだ不明なのですが、長崎大学ではすでに患者さんへの投与や治験なども始まっております。

科学的な根拠はあって、前述の5-ALAから作られたプロトポルフィリンやヘムという物質が、コロナウイルスが細胞にくっついて侵入するためのウイルス表面にあるスパイクタンパクという部位にくっつくことにより細胞に侵入できなくするという話だそうです。

私もそれを知ってから毎朝5-ALAのサプリを飲んでますが、ぜひこの日本発の安全性の高い成分で、にっくき新型コロナウイルスを抑えることができればとても素晴らしいですね!期待したいです。

 

それとも関連してなのですが、猫ちゃんにもコロナウイルス感染症がありますが、その中でも厄介なのが、突然コロナウイルスが猛毒変異してしまう「猫伝染性腹膜炎(FIP)」という私たち獣医師泣かせの難病があります。

実は北里大学と5-ALAの製造元ネオファーマジャパンの研究で、こちらも培養細胞レベルで5-ALAが猫コロナウイルスの増殖を抑制したという発表が2月にされているんですよね。

こちらもにっくき猫伝染性腹膜炎(FIP)への治療薬開発への糸口になってくれはしないか…と期待しております。

コロナウイルスの増殖を抑えて下痢症状を改善してくれたり、さらに猛毒のFIPウイルスへの突然変異を減らすことがもしできるのなら予防的にも使えますしね。

 

最後の方は私の個人的な雑感がたくさん入りましたが、とても話題の成分「5-ALA」を配合した『エネアラ』をお求めの方は、ぜひ当院までお越しくださいね。