交通事故 パグ編

2013年07月02日 (火)

 自宅の軽トラックに前輪と後輪の2回轢かれました。首輪が外れてしまい追いかけてきたとの事。肺挫傷症候群(TLS)、全身打撲、内臓打撲、骨盤骨折と瀕死の状態です。舌や歯ぐきの色が白く貧血です。どこかに血液が漏れています(体外ではない)。静脈性尿路造影検査でOKを確認し、試験的開腹です。

 開腹すると血腹という状態。DSC04331

 その血液をとって輸血です。術前にもテオから血液をもらっての輸血中。更に自己輸血の開始です。DSC04335

 問題はどこから血が出ているのか、を探さねば手術は終わることができません。腹腔内の血液をとり終わると、見えてきました、肝臓からの出血が(写真左の臓器が肝臓)。しかも2か所から。坐滅しています(ちぎれて、つぶれている状態)。

DSC04338

 そこを処置して手術終わり。次に日からしっかり食欲が出ました。まだ若いので回復が早いのです。しかし、次は骨盤骨折(左右の)の手術が待っています。

 今では全ての手術が終わり、片方の後肢の麻痺は残るものの、元気に庭を走り回っているとの事です。

 教訓:首輪は指が2本入る位に締めること。  

from             Oqぼ                           

スタッフのテオ

2013年07月01日 (月)

 交通事故で背骨が折れていました。オーナーは“拾った犬に手術のお金はかけられない、安楽死を” との事でした。病院で引き取って手術を実施しましたが、一命を取りとめただけで、後肢麻痺が残りました。

DSC04747

  しかし、そんなことはお構いなしで、前肢だけで体を浮かし歩いております。途中、自身の後肢を食べてしまい、両後肢切断しました。かえってその方が軽くなり機敏になりました。12歳3ヶ月です。いつの間にかおばあちゃんになりました。

 DSC04748

 何事にも動じません、名前はテオです。

 “この子を見てると、もっと自分も頑張らないかん”、というファンもおります。

from               Oqぼ

 

悠々自適な老猫2匹

2013年07月01日 (月)

 自宅で生活していました、ももち(白♀)とモウ(黒白♂)です。

 野良のももちは肩に膿瘍があり、マンソン列頭条虫もちでした。保護された方が、飼育できないとのことでしたので、性格もいいし個人的にもらいうけました。2年前から腎不全となり、病院生活を送っておりますが、薬や処方食、スタッフのケアにより小康状態で、16歳7カ月です。病気になる前以上に太りました。

 野良のモウは肺炎で通院しておりましたが、保護された方が、飼育できないとのことでしたので、性格もいいし個人的にもらいうけました。2年前によく吐いてぐったりしたため、血液、尿、超音波、レントゲン検査後、試験的開腹を行いました。回盲部の穿孔があり、そこを切除し断端吻合後、腹腔内洗浄をしました。病理検査の結果、腸腺癌でした。猫の病気の中では悪い方で、術後6カ月はもたないくらい悪いガンです。抗がん剤も効果が疑問との記載もありましたがダメもとで、3週間ごとの6ヶ月間続けました・・・結構生きております。12歳7カ月です。病気なる前以上に太りました。

 この2匹は元々、自宅に一緒にいたため仲が良いので、いまだに病院でも同じ個室にいます。どうやらこいつら、病院の方が快適らしいです。

 食べ物はDr.s Careキドニーケア、薬はフォルテコール、レンジアレン、プリンペラン、タガメットです。

DSC04724

ラッキーなやつらです。

from                    Oqぼ

うさぎのケンカ

2013年06月30日 (日)

 縄張り争いが過激なうさぎです。相性が悪ければ死ぬまでケンカします。テリトリーを考えて、飼育頭数を考えてうさぎと生活しまょう

DSC04695まぶたをやられたぜっ

ウサギ顔はがれ けんか顔の皮、はがされたyo

うさケンカ睾丸食いちぎられた・・・

 とても草食系とは考えにくい草食代表の動物です。

from               Oqぼ

玄界島へ

2013年06月29日 (土)

 玄界島へ釣りに行きました。主にエギングです。時期的に終わりのシーズンでしたが釣具のポイント築港店ブログで釣れていたのでつられて釣りに行きました。

 ちょっと島内散歩です。福岡西方沖地震の被害が甚大でしたが見事に復興しておりました(地元の方々にとってはまだかもしれませんが)。

CIMG2160

天皇皇后両陛下の御歌碑

CIMG2162

小鷹神社の急勾配の階段を虫に刺されつつゼコゼコ言いながら登り、横の坂道からの

CIMG2163

 玄界島は小学生以来35年ぶりに釣りに行きました。今後は毎年行きますよ。

肝心の釣果です。

CIMG2169

 

 ベイサイド市営駐車場では志賀島ではサービス付くのに玄界島ないとは解せませんでした。

from                Oqぼ

 

うさぎの運命

2013年06月25日 (火)

 牧草食べないうさぎ、よく聞く言葉です。そんなことありえません。ただ単に与えていなかったかペレットのやりすぎです。

 その結果、太りすぎて毛繕いできない、ウンコがゆるいなど色々症状が出ます(詳細はHPや今後のブログで)。

 治療は厳しいものとなります。

うさぎうんこまみれ繊維不足の軟便で、尻にこびりつき、しかも太っていて毛繕いできない

sy別のうさぎ、しり洗い

 うさぎは草食動物です。牛や馬と同じです。牛や馬が牧草食べないって聞いたことありません。

 うさぎの運命と寿命もオーナーが握っています。

from                  Oqぼ

2013年7月 アドバイス会 in どんぐり動物病院

2013年06月23日 (日)

 7月のアドバイス会の予定です

7月3日 お散歩中にできる健康チェックについて

7月10日 うさぎとモルモットを一緒に飼育してはいけません

7月17日 ケージに入れる、車に乗せる前にすること。                                      ケージに入らない、車に乗せると興奮する・・・その予防法

7月24日 爬虫類の栄養障害とその予防策について

7月31日 “具合が悪いな”と感じた時にすること

 無料です。他院の患者さんでも大丈夫です。この講座をぜひ参考にしてください。                                               お待ちしています      

from             Oqぼ                                                         

毛 玉

2013年06月24日 (月)

 病院ではトリミング(犬と猫の散髪)をしています。

 なかにはノミやダニ、ウジ、シラミなど寄生虫を見ることもあります。オーナーはそんな状況を知らずにつれてくることが多いです。日ごろの手入れ、寄生虫予防は必須です。

DSC04742毛玉とノミの過酷な犬

 家族の一員として、かわいがるだけではいけません。

なお、病院でのトリミングはワクチンをしていないとお断りしています。

from                 Oqぼ

交通事故 その5

2013年06月23日 (日)

 幸運にもこの仔はオーナーの手厚い看護のお陰で元気になりました。しかし、このような事故ですべての飼い主がケアをできるわけではありません(経済的、時間的にも)。安楽死を選ぶ方もいらっしゃいます。

 動物は飼主によって運命が決まります。

            写真は違う猫の事故デス

 事故?膀胱出内出血

口蓋事故口蓋骨折

大腿骨骨折大腿骨骨折

from            Oqぼ

交通事故 その4

2013年06月22日 (土)

DSC04321移植初日

 皮膚が再生しています。

1111_6987_20120724111542.019日後

1111_6986_20120731102454.026日後

1111_6984_20120813175436.039日後

DSC0471611ヶ月後

まだ完全には皮膚に包まれてはいませんが、上出来です。

from               Oqぼ