蚊アレルギーとノミアレルギー

2013年06月08日 (土)

DSC04692

 蚊は耳や鼻の毛の薄い箇所を狙って襲ってきます。

 ノミは所構わず襲ってきます。 ノミの姿がなくてもノミの唾液が1滴でも体に入るとアレルギーをおこすことがあります。ノミアレルギーの特徴は尾の根元が脱毛します。また、多数のノミに襲われると貧血で命を落とすこともあります。

ノミアレルギー

 病院ではノミやダニ予防に、首筋に垂らす液体タイプと飲む薬があります(蚊も忌避するかもしれません)。市販のスポットタイプや首輪は効果が弱弱しいためお勧めできません。

イノシシの猟犬

2013年06月05日 (水)

 イノシシの猟が始まると、イノシシに突かれたという猟犬が来ることがあります。(最近は非常に少なく他院へ行かれてるのでしょうが)

 今回久しぶりに猟犬がきましたが・・・猟銃で撃ったという。

 イノシシを撃とうとして目の前の出てきてしまって、と言う事故。

DSC04571

 膣は吹っ飛び、そこに繋がる尿道は無くなり、半分骨盤、股関節は砕け、臀筋は見当たりません。唯一生き残っていたのは肛門でした。良く洗浄を行い、残った組織をつなぎ合わせて縫合しました。

 猟銃の弾の威力のすごさが判ります(散弾ではないとのこと)。

 この猟犬は今まで何頭ものイノシシを仕留めた優秀な子だそうで大切に看護されており、今では元気になったということです。

 犬と人とのつながりは凄いことです。

                            from   Oqぼ

 

 

 

 

自身の歯石除去

2013年06月07日 (金)

 娘が過剰歯(歯ぐきの中に大人の歯ではない余分な歯)がありF岡歯科大病院に手術に行きました。手術中は一時間ほどなので自身の歯のチェックをお願いしました。

 歯周ポケットや虫歯の確認と歯石除去デス。歯周病でも虫歯でもなくALL OK。どんぐりでのアドバイス講座で歯周病の話をしたばかりでしたからタイムリーでした。

 娘はとっくに終わっており涙をためて待っていました。

 F岡歯科大の先生や看護師さん、生徒さんの対応が優れてました。こういうのを実体験すると自身の病院にも良いところを見習おうと感じました。

from   Oqぼ

水曜日はどんぐり動物病院

2013年06月05日 (水)

毎週水曜日はオークどうぶつ病院を離れて、どんぐり動物病院へ出張です。

 診療の間に、午前中はM崎院長と一週間の来院患者さんのクリニカルカンファレンス(NHK木曜日22時総合診療医ドクターG参照)、お昼からはアドバイス講座です。

 どんぐり動物病院は花や緑が沢山です。緑のカーテン(ゴーヤ、いんげん、かぼちゃ)、ナスやトマト、もちろん様々なお花、いい感じです。

 これを仕切っているのがVT.N戸デス。通称“園芸姉さん”と呼んでおります。

 病院の裏には種から育てた芽や、今生えている花々の若芽を摘んで次の花として育てております。

 CIMG2086CIMG2087

まさに園芸姉さんです。

CIMG2088   from  Oqぼ

かめ福とカメックスの食欲

2013年06月04日 (火)

 今日のご飯デス。

 バラの花とプランターに生えていた雑草の若芽をまぶして与えたら、Aクイックでゴイゴイ食べております。

 カメフードなしの生活をしばらく続けてみます。

 時々、鳥フードのカナリアシードとか、むきえなどもまぶしこんでおります。

DSC04689

from  Oqぼ

2013年6月のアドバイス講座 in どんぐり動物病院

2013年06月02日 (日)

 アドバイス講座を聞くことで動物のための知識というワクチンができます。

飼主のみでも、動物と一緒でも参加できます。

動物を飼っていなくても,動物好きな方、興味がある方、将来、獣医師になりたい方など、参加は無料です。

6月5日  お口が臭くありませんか?それは歯石と歯周病が原因かも?!

6月12日 犬と猫とうさぎのおやつについて、与えるとダメなものを紹介します

6月19日 犬をケージに入れる時、車に乗せるときの決まりごと!!

6月26日 家でやばいものを飲み込んでしまった・・・。家でできる吐かせ方

どうぞ気軽にお越し下さい。ご質問もお答えします。

話し手 オークどうぶつ病院 院長 大久保 利秀

*話し手や内容が少し変更になる場合がございます

アドバイス会 口臭の話 in どんぐり動物病院

2013年06月05日 (水)

 今日のアドバイス会は“口臭について”です。

 歯石や歯肉炎、乳歯遺残、口腔内腫瘍、歯の磨き方まで約1時間にわたって話しました。

 皆さん積極的に質問して頂き、また回虫やノミダニの話にまで及びました。⇒帰りにはノミと回虫駆除の薬をお出ししました。最近はダニに刺されて亡くなった人が報道されていますからキッチリ予防が大切です。

CIMG2085

来週は犬と猫とうさぎのおやつについてです。与えてはいけないもののお話が中心になります。

来週もよろしくお願いします。

from  Oqぼ

脾臓の腫瘍

2013年06月02日 (日)

 脾臓の腫瘍は危険です。

症状はなく、突然破裂し、急死してしまうことがあるからです。

良性でも悪性でも、破裂すると急死します。

 血液検査ではわかりません。レントゲン検査と超音波検査がこの病気の発見には欠かすことができません。見つかれば手術を行います。

 定期的に血液、尿、レントゲン、超音波検査などのきっちりした健康診断を受けましょう。 

写真:破裂した脾臓の術中写真と摘出した腫瘍と脾臓

from  Oqぼ

 

DSC04683DSC04685
お腹の中のこう丸

2013年06月01日 (土)

 去勢手術とはオスの睾丸を摘出する手術の事です。メリットが大きいので当院ではお勧めしております(他院でもそうなはずですが)。 しかし、睾丸が生まれつきないことがあります。

これを陰睾といいます。

 睾丸は産まれてきたときにはお腹の中にあり、徐々に陰のうめがけて降りてきますが、中には途中で降りるのを止めたり、全く降りてこない場合があります。このまま大人になるとその睾丸がガンになることがわかっています。精子は作られませんが、男性ホルモンは作っています。また、片側だけの陰睾ならば繁殖できますが、陰睾の遺伝が受け継がれていきます。そのほかにもいろいろな深刻な病気を老犬になって出てきます。

くわしくはHPの” 目で見る病気” もご覧下さい。

写真:Mダックス5歳 陰のう内には睾丸がないが、おなかの中で発見DSC04681DSC04682

  from      Oqぼ

IDEXX代表取締役社長 視察団

2013年06月01日 (土)

 先日IDEXX代表取締役R J.Luck氏御一行様が病院にお越し頂きました。

 IDEXXというのは小動物系の検査の会社というだけではなく、馬や、産業動物、牛乳の検査、水質検査製品などの会社で、とても我々に身近な会社なのです。

それがなぜ当病院へ?・・・セールスでしょうけど、光栄です。

今後とも仲良くお付き合いさせて頂きます。

CIMG2084

                           from   Oqぼ